« あと出しミステリーに悩む | トップページ | ジップラインで悩む »

2016年2月11日 (木)

BookOffのオークションで悩む

技術書をオークションで落札してから気が付いた。出品者はBookOffだったのだ。

そういえば値付けは定価の半額というところで、オークションとしては高い方だが必要な人にとって見れば安い買い物ということでいいところを突いた値段ではある。

Bookoff2016

常々BookOffで検索ができればいいと思っていたので、BookOffがどういうものを出品しているのか調べてみた。上の画像からわかるように、トータルでおよそ82万件の出品があるが、その内訳は下のようになっている。

Boffdetail1 82万点出品していて6300件しか評価がないのは設定価格が高めで、高収益を狙っているせいだろうと思う。コストはほとんどかかっていないはずだから、「買い手がつけばもうけもの」くらいの意識なんだろうか?

内訳をみると本と雑誌で72万点、次いで音楽が6万点、映画・ビデオが3万点、残りの8千点がおもちゃ・ゲームということで、まず音楽の内訳を見てみたが、CDが5万6千点、DVDが6千点というざっくりした分類だった。


Bofdetail2 さすがにブックオフというだけあって書籍の分類は詳細になっている。

では評価がどうなっているかというと、こんな感じ。まぁどういう場合にも文句を言う人はいるわな、という程度のネガティブな評価はある。
Boffestim1

さらに評価の推移を見てみると、ここ1週間で18件のネガティブ評価というのはちょっと多いかもしれない。というか、このオークションアカウントがいつから活動しているのかにもよるんじゃないかと思う。Bookoff2016ということで、bookoff2015というアカウントはないから、今年から活動を始めたならこの推移も納得ではある。

Boffestim2

というわけなので、特にこのアカウントだけにこだわることもないのだろうけど、面白い動きだと思ったのでご紹介。

 

|

« あと出しミステリーに悩む | トップページ | ジップラインで悩む »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あと出しミステリーに悩む | トップページ | ジップラインで悩む »