« ジップラインで悩む | トップページ | Bolafon妄想に悩む »

2016年2月11日 (木)

楽器ケースの補強に悩む

何かと便利なのでこういうギターを愛用しているんです。TravellerGuitarのSpeedSterといって全長70㎝くらいなので取り回しがいいし、そもそも軽い。ちょいと肩に引っ掛けて出かけるにもちょうどいい感じ。

Speedstar

Casedamaged しかし、調子に乗ってあちこち連れまわしているうちに肩掛け(ストラップ)の付け根が痛んできた。これはまずい。早めに手を打たないとひどいことになる。

「今日の一針は明日の9針を救う」ということわざがあって、「Today's one stech saves tomorrows nine stech.」というのだ、というのを高校の英語の授業で習ったと思うのだが、何人ものアメリカ人に聞いてみたが「そんなことわざは知らない。」「うまいことを言うねぇ。」という反応だった。じゃぁあの授業は何だったんだ?

まぁそういうわけなので早めに手を打ってみようとして、常套手段の「エポキシで固める」という手を打ってみた。ところがこれがうまくいかなかった。

 

Caserepaired ふつうならエポキシは固まる直前に流動性が高くなってその時に気泡が抜けるのだが、この時にはストラップがケースにくっつかないようにビニルシートを挟んでいたので気泡が抜けず、白く残ってしまったのだ。これはカッコ悪い。

この白い部分w覆い隠すように黒いレザーで囲もうかと思ってハンズあたりで革の端切れを買ってきたりもしたのだが、どうもうまくいく気がしない。

それによく見ると写真のストラップ左側にもほつれがあって、ここも何とかしておかないとほつれてくるだろう。

Casemodified

で、これが現在の状態。白く見えていた泡は黒マジックで塗りつぶし、その上から透明ラッカーを塗って衣服なんかにつかないようにした。それと同時に見逃していたほつれ部分をエポキシで補強。こんどは泡に注意したので白く濁ることはなかった。

エポキシで補強した部分がテカっているのは当面ご愛嬌ということにして、そのうちに革をかぶせてしまおうかと思っている。そうすれば革を普通の(革用)接着剤で柔らかく接着できるだろうし。

まぁ「そんなトコ誰も見てないよ」というのがオチかも。


3月6日追記:

「ケースを新しく買うっていう発想はないんですね?」ということを言われたので追記。

いえね、メーカーのサイトとかこのギターを購入したサイトとかで購入しようとはしたんです。26ドルなんですけどね。でも、どちらも「米国・カナダ以外には送れません」ということで買えなかったんです。

とは言いつつ、「新しいのを買っても、同じように使っているときっと同じところがほころびるんだろうな」ということを考えていたので、「新しいのを買ってもなぁ」という発想も同時に得ていたということは言える。



|

« ジップラインで悩む | トップページ | Bolafon妄想に悩む »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジップラインで悩む | トップページ | Bolafon妄想に悩む »