« アルバムジャケットで悩む | トップページ | 坂本龍一のアルバムで悩む »

2016年8月22日 (月)

シン・コジラで悩む

今朝のTVで松本人志が「よくできてると思いますよ」とか上から目線で語っていたので見に行ってみた。ハリウッド版よりはよっぽどよかったと思う。

Godzillaなにがよかったのかというと、まずハリウッド映画のような「(自分の)家族が一番大事」というのがなくていい、ということ。この要素があるといくらハリウッド映画であっても私としてはB級認定してしまう。

もうひとつよかったことはリアルであるということ。それはゴジラの造形とかCGがリアルということではなくて、例えば自衛隊が出動するための事務手続きであるとか、国際情勢であるとか、そういった周辺設定がリアルであるということで、庵野監督がエバンゲリオンを作った(たしかそうだったよな?)というのもうなずける気がした。

しかし、最初のほうのゴジラの造形はいただけない。私はてっきり「怪獣かと思ったら、中華街の祭りの出しものでした」というシーケンスにするつもりかと思った。だって目が全然動かないんだものなぁ。

その最初の残念な減点を、中盤以降の映像が帳消しにしてくれる。ゴジラすごいわ。

しかし、新幹線(700系)をあんなふうに使うなんてなぁ。びっくりしたよ。

タイトルの「シン・ゴジラ」の「シン」って何だろうと思ったのだが最後まで説明はなかったように思う。最初のほうでちょっと寝ちゃったときに出たんだろうか?

|

« アルバムジャケットで悩む | トップページ | 坂本龍一のアルバムで悩む »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

シン・ゴジラの造形に関しては「目」がダメってのは私も賛成、第四形態まで行っても目の造形がおざなりだった。新幹線も在来線も電車なんだからアレは無いだろうってのが私の感想、あの状態では架線に電気を流せないだろ、気動車を集めるとか入れ替え用の機関車で良いから後ろから押せとか思う。

投稿: ををつか | 2016年8月22日 (月) 06時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アルバムジャケットで悩む | トップページ | 坂本龍一のアルバムで悩む »