« 原付二種で悩む | トップページ | 楽器フェア2016で悩む »

2016年11月 5日 (土)

熱い息で悩む

急に寒くなってきておりますが、皆様お代わりございませんでしょうか? 冬から春になるときは三寒四温とかいって徐々に平均気温が上がっていくのに、寒くなるのはなんだかずんずん進みますねぇ。

セーターなんかを着たときに、腕に口をつけて息を吹き付けると熱く感じますよね? ひょっとして体温よりも熱いんじゃないかと思うくらい熱くなります。でも、自分の体温より熱くなるはずはないのになぁ? というのが今日のお題で。

熱いと思ったら測ってみればいいので、でも体温計っていうと、新しいものでも1分間息を吹き続けないといけない。デジタル体温計は温度の上がり方を監視していて収束しそうだという見込みで体温を決定するので、息を吹き続けるというような不安定な温度変化だとうまく測れないかもしれない。

というところで思い出したのが熱電対温度計だ。多用途テスターの付録として付いてきていたのだが、今まで使ったことがなかったのだった。

Celcius40 まずは下着の下に突っ込んで体温を測ってみる。35度~36度というところをふらふらしている。そこへ息を吹き込むと、38~39度そして40度にまで上がるではないか。

しかしこの態勢ではテスターの写真が撮れない。なので熱電対のセンサー部分をタオルで包み、そこへ息を吹き込み続ける。過呼吸みたいになって頭がくらくらするが頑張って息を吹き込み続けると、最高41度まで上がった。しかし41度の写真は撮れなかった。40度の写真で勘弁していただきたい。

しかし、どうして41度まで温度が上がるかなぁ?体のどこかの部分にそういう温度のところがあるんだろうか? カラダの中で一番温度が高いのは肝臓なんじゃなかったかなぁ? 肺はもっと高いのか? 不思議だ。

翌日追記:

なんかわかった気がする。断熱圧縮じゃないかな。

摂氏36度というのは絶対温度309度だ。ここで圧力が1%上がると、温度も1%(3.09度)上がって39.09度になるぞ。本当かな?

私の「吹く力」は以前に測定済みで、チューブを吹くなら0.1気圧である。衣類やタオルを吹くと、断熱はそこそこできるだろうし、多量に息漏れするにしても圧力は0.01気圧くらいは上がるんじゃないだろうか。

そうすると、昔高校で習った「PV=nRT」っていうヤツが効いてきて、Pが上がるのでTも上がる、と。

しかし、熱電対を口にくわえて(咥内に触れないようにして)圧力をかけてみたが、頑張っても1、2度上がる程度だ。0.1気圧上がれば60度くらいになってもいいと思うのだが。

|

« 原付二種で悩む | トップページ | 楽器フェア2016で悩む »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原付二種で悩む | トップページ | 楽器フェア2016で悩む »