« 縄文人のDNAで悩む | トップページ | NASAのDVDで悩む »

2016年12月 4日 (日)

「ト・トン」で悩む

8ビートの音楽でよく使われるリズムパターンにこういうのがある。しばしばバスドラムやベースがこのパターンで演奏する。

Note
これを「トン・ト」と捉えるか「ト・トン」と捉えるかっていうと、そりゃもちろん「ト・トン」のほうで、その理由はっていうと、「トン」が小節の頭だったりするのでこのタイミングがとても重要で、この「トン」を導くのが「ト」なわけだから。

ドラムなんかだと、この「ト」を「トン」に対する「フラム」とか言うんじゃなかったっけ? (フラムはもっと細かい譜割りかもしれない)とにかく「トン」を引き出すための「ト」だから、そのタイミングは絶妙でなくてはならないわけだ。

で、これをパンデイロでやろうとすると、おそらく正式には「ト」を中指、薬指などの指先で叩き、「トン」を親指で叩きたい。ミュートしながらこのパターンを叩く様子を図示すると、
Note1

こういう感じになって、「ト」を指先で、「トン」を親指で叩くようになる。でもこれがなかなか気に入る感じにならなくて、というのが今回の悩みだ。

ではどうすると自分好みになるのかというと、「ト」も「トン」も親指で叩く。つまり親指を二回連続して使うわけで、これは基本形として練習してきた形(親指⇒指先⇒掌底⇒指債)を崩すことになる。親指を連続二回続けるとそのあとのパターンが行き当たりばったりになる。それはそれで突き詰めれば面白いとは思うのだが。

さらに親指を連続二回使うことになると、テンポが上がってくるとついていけない。テンポが速い時には「ト」を省略してもいいのだが、できればそれはやりたくない。できるだけ早いテンポまで「ト」を入れたい。

この二つのやり方を比べてみると、叩いているときには明らかに違うのだが、叩きながらも冷静に聞いてみるとタイミング的にはそれほど違いがないようにも思える。客観的に聞くと、ひょっとしたら自分でもその違いが判らないかもしれないと思った。

では客観的に聞いてみよう。

前半8小節分が親指連続二回、後半が指先を使ったもの。何度も聞いていると下手さが際立ってくる。言い訳させてもらうとWindows10の制約であらかじめ録音したシェーカーの音を聞きながらパンデイロの音を録音すると(はい、これパンデイロなんです:チャラチャラが全く鳴っていないのが聞きどころ;低音量での練習の成果)パンデイロの音が遅れて録音されてしまう。

言い訳はこれくらいにして、違いが聞き分けられただろうか?下手すぎてわからなかったかもしれないが、指先でのタップが弱すぎるのとその返しとしての親指が強すぎるのとで粗い感じになっている。叩いているときには同じだと思っていたタイミングも、よく聞くと違っている。

しょーもない演奏で、さらにしょーもない録音ではあるが、もっと詳細に調べてみよう。

まずこちらが親指二回。上がシェーカー、下が「ト・トン」。「ト・トン」の音がそろっている。
Ttnthumthum

指先を使ったもの。「ト・トン」の音がアンバランス。
Ttncenthum

両方ともにシェーカーの音からの遅れが如実だが、演奏しているときには同じタイミングで聞こえている。説明は省略する。

これは多重録音で、シェーカーを振っているときにはヘッドフォンでメトロノームを聞いているのでテンポはほぼ均一になっている。

こうやってよく見ると、やはり指先使った時には「トン」が少し遅れてるんだなぁ。親指二回を突き進めつつ、もっと大音量で練習することを意識しないといけないな。

|

« 縄文人のDNAで悩む | トップページ | NASAのDVDで悩む »

音楽」カテゴリの記事

コメント

多重録音なんてこったことしてますね。私も録音して自分の音を聞いた方がいいといわれてるんですが、未だに録音はしてないです。

鏡でフォームを見るというのは時々やってます。ホームセンターで小さい3面鏡を買いました。角度を調整すると正面と横からが見えて叩き方の具合がよくわかります。

撮影するのもよいらしいです。姿勢が結構大事で、演奏の見栄えもよくなるらしいですが、これもやったことはないです。

ヴィブラフォンはフェスの時に家内や仲間が撮ってくれた映像とか写真があって、姿勢が悪くてめちゃカッコ悪かったので最近は気をつけるようになりました。演奏にもいい影響がありますね。

投稿: taki | 2016年12月 4日 (日) 11時43分

本格的にスマホへ転向しましたが、いまだに「自撮りカメラ」は起動すらしてません。確かにパーカッションというのは体を使うので、固定カメラで撮影してみるのはいいかもしれませんね。椅子に座って叩いたりしていると、椅子のクッションの具合でノリが変わったり、乗り切れなかったりということが実際にありました。

しかし自分の動画を見るっていうのは勇気がいりますね。自分の出した音を聞くのも結構勇気が必要でした。結果、やっぱりダメだったし。

投稿: PicksClicks | 2016年12月 4日 (日) 13時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 縄文人のDNAで悩む | トップページ | NASAのDVDで悩む »