« UNIQLOCK終了で悩む | トップページ | 広告ブロックで悩む »

2017年4月17日 (月)

曇天の桜に悩む

今日はいいお天気で桜の花もまだ残っていて、いいお花見日和だったのだが、先週は小雨だった。風情(ふぜい)という言葉があるが、雨が降っていると雨情(うぜい?うぜえ?)という言葉にはならないのだろうか?

晴天をバックに淡いピンクの桜を見るのもいいが、小雨で曇天をバックに桜を愛でるのも悪くない、かもしれない。ある意味「侘び寂び」の世界かも。場所は横浜の赤レンガ倉庫の近所。「象の鼻」あたり。

Dntensakura

晴天だと、桜の花びらが輝くんだろうけど、曇天だとこんな感じになる。

Sakuraontheground

他にも馬鹿みたいにたくさん写真を撮ったんだけど、省略する。

Kousakusenmusium それよりも赤レンガ倉庫の先にこんなものを見つけた。その存在を前から知っていたのだが、こういう天気だからちょっと寄ってみようかな、とか。

最近の若い人は知らないのかもしれないけど、「工作船」っていうのは「工作して船を作ろう!」っていうんじゃないよ。

あれは2001年のことだったからもう16年前になるのか。北朝鮮の工作船が海上保安庁の巡視船と交戦して自爆したという事件だ。

自爆して沈没した工作船は引き上げられて展示されていたのだが、あれは船の科学館じゃなかったかな?見に行った覚えがあるが、横浜ではなかったと思う。

この資料館は入場無料で中の写真も撮り放題だ。展示は朝10時から17時まで。月曜日と年末年始は休館。

さて、どの写真を貼ろうかな?

まずは、銃弾の入射孔も生々しい船首部分。船体は全長30mほど。以前に見たときよりも大きく感じた。
Bau

搭載されていた銃器など。引き上げられるまで9か月海に浸かっていたということで、木部は腐食している。

Arms

甲板に搭載されていたロシア製14.5mm機銃。引き上げられたときは弾丸が装てんされており、引き金を引けば発射される状態だったという。
Machinegunjpg

甲板から機関室を臨む。ロシア製ディーゼルエンジンの一部が見える。エンジンは1100馬力を4基搭載している。これは同程度の大きさの漁船(中くらいの漁船)の10倍のパワーだということだった。エンジン4基で4軸のスクリューを回す。
Board

船体の中は中空になっており、中にもう一隻の小型船を搭載できるようになっている。船尾の扉を開くと、海上でその小型船を出し入れすることができるのだ。その船尾の扉を開いたところからのぞくとこんなふうに見える。

Inside

じゃぁ、クルーはどこに寝泊まりしたのだろう?というのは聞きそびれたのだが、たぶん艦首部分あたりに居室があるんじゃないかな?

…という侘び寂びの極みみたいな話になってしまいました。

|

« UNIQLOCK終了で悩む | トップページ | 広告ブロックで悩む »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

雨情は、野口雨情(のぐち うじょう)という詩人がいましたから、一般的には うじょう と読まれると思います。

北朝鮮の工作船ですが、任務は特殊工作ですし、短期間の行動でしょうから、敵性海域(出港したら直ぐ敵性海域ですね)では、乗組員は、「持ち場について警戒体制」でしょうね。船上での生活ってのは考慮されていないだろうと思います。まあ、どっかで仮眠を取る位の事はしたと思いますけどね。

投稿: ををつか | 2017年4月18日 (火) 07時38分

名前の読み方は自由なので、いくら有名人でもそれを根拠にされても。

投稿: PicksClicks | 2017年4月18日 (火) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« UNIQLOCK終了で悩む | トップページ | 広告ブロックで悩む »