« 「ケレン」で悩む | トップページ | マイクロスコープで悩む »

2017年7月 8日 (土)

レコードプレーヤで悩む

部屋の模様替えに関連して、TV台が新しくなった。たくさんあったビデオテープを捨てたのでsペースができたというか、作ったというか。で、カセットデッキも置かないことにした。カセットテープを聞くことが必要になったら、小さなカセットプレーヤで聞くことになる。どうしてもというなら、オーディオシステムに接続することもできなくはない。

そういう割り切りのもとにTV台を再構築していくわけだが、ひょっとしたらもうレコードプレーヤは置けないかもしれないな、とうっすら思ってはいた。そうすると、あのレコードたちも行き場を失って路頭に迷うのかもなぁ、と思ったりもしていたのだった。

しかし、冷静に寸法を測ってみると、ぎりぎりでレコードプレーヤを置くことができることに気づいてしまった。これはなんとかしたいところだ(じつはここでカセットデッキの引退を決意した)。

で、こんな狭い隙間にレコード・プレイヤーの場所を作ってあげた。ターンテーブルを回すシリコンベルトの固化が心配されたが、しばらくエージングしたせいもあってか、聞いていて違和感は感じない。

Player_in_rack
Recordcleaner ただ、レコードを聴こうと思って、大事にしまっておいたレコードクリーナーを引っ張り出してきたのはよかったのだが、これが電池を入れ替えても動かない。そう!このレコードクリーナーは電池を内蔵していて、モーターでブラシを回して、同時に空気の流れを生じさせて誇りを吸い上げるというすぐれもの(だった」)なのだ。

写真ではブラシを見せようと思ってライトを当てている。

困ったなぁと思って分解してみる。経年劣化なんてするものはないと思うのだがなぁ。

In_the_cleanerすると、なんとなんとモーターが故障していることが判明。直接電圧をかけても回らないから、これは間違いないだろう。

これはマブチの270とか280とかいう機種だろうか?手元にあるもので交換できればいいのだが、とりあえず組み上げなおして保存する。またあとで挑戦しよう。

ということで、レコードはクリーンアップせずに聞くことにする。記念すべき一枚は盲目のピアニスト「テテ・モントルー」の「tete」である。ベースにペデルセン、ドラムにアルバート・ヒースというトリオ編成だ。

レコード・プレーヤーをオーディオっステムに接続するにはRIAAのイコライザが必要だが、これはもうずいぶん前にYAMAHA製のイコライザを買ってある。以前にLPからmp3に変換したので動作は確認済みだ。

というわけで、久々のLP鑑賞だ。ほんとにちょっと涙が出そうだったよ。

Tete

あ、でもまだスピーカーがアレじゃなくて仮のサブスピーカーなんだな。

|

« 「ケレン」で悩む | トップページ | マイクロスコープで悩む »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ケレン」で悩む | トップページ | マイクロスコープで悩む »