« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月の8件の投稿

2017年12月25日 (月)

全翼機で悩む

子供のころは飛行機と言えばゼロ戦や隼、飛燕、鐘馗、震電なんかが好きだった。中学生ごろにはF104Jが好きだった。でも今なら迷わずこれだ。「Horten IXb 229」。

Hortenixb229
このHorten229は第二次世界大戦の終盤にドイツ軍がほぼ実用化していた全翼機だ。HortenというのはHorten兄弟というのが開発者だったということなのだが、会社名なのかどうかはよくわからない。この写真は実写ではないが、実機の写真や動画はネット上でいくらでも見ることができる。

この機体のことを知ったのは、20世紀の終わりごろにアメリカで買った「ドイツの軍用機」みたいなVHSビデオでだった。胴体も尾翼もない全翼機というのにも驚いたのだが、そのビデオで驚いたのはHortenIII(だったと思うのだが)という全翼型の試作機の脚だった。

私の記憶ではそのHortenIIIは前輪2本、後輪1本の3脚式だったのだが、なんとその1本の後輪が主脚だというのだ。だから離陸するときにはまず前輪が浮いて主脚の1本だけで胴体を支えつつ加速し、飛び上がる。着陸の場合にはまず主脚一本で着地して減速してから前輪が着地するというものだった。

この主脚が1本というのがなかなかショッキングで、さすがはドイツの合理主義!と感銘を受けたものだった。

この試作機がプロペラ駆動だったのか、それとも曳航されるグライダーだったのかさっぱり覚えていないのだが、Horten229みたいなジェットエンジンではなかったと思うんだけどなぁ。

そのVHSビデオをこの夏の大整理大会でどうも捨ててしまったらしくて確認ができない。どうせこんなのYoutubeにあるだろうと思ったが、いくら探してもHorten229しかなくて、一本主脚なんてのは見つからない。あれは私の幻覚だったのだろうか?

このHortenの技術は戦後アメリカがごっそり持って行き、ロッキードで試作を繰り返した後に最終的には「B2」として結実する。Horten229のころからすでにステルス塗料を使っていたりして、垂直尾翼がないことからレーダーに映りにくいということを意識していたらしい。

Deutcheboch4 それにしてもドイツの軍用機開発の多様さには驚かされる。ドイツに行ったときにいろいろこういう本を買ってきたのだが、こういう本が安くて10~30マルクということは600円~1800円くらいで買えてしまう。

写真左上のはアメリカのアマゾンで買ったのだが、これは35ドルくらいだった。

これらの本には実際には製作されなかった機体の設計図面などが合計で100機以上あるんじゃないかな。そういうのを見ているだけでも楽しい。

で、そういうのを見ていると自分でも作りたくなってくる。

紙でいろいろ作ってみた結果、A4のコピー用紙でこんなふうになった。





Paperplane1
A4用紙を単に折っただけではやはり重心位置がうまくいかないので、ゼムクリップで調整している。

Paperplane2
ゼムクリップなしで重心を取る方法も考え中。

12月28日追記:

クリップなしで重心位置とかいろいろ試行錯誤の結果こういうものができたんだけれども、どうしてもオモリに相当する部分の紙がうまくまとまらなくてホチキスで止めざるを得なかった。これはある意味反則だな。

ちなみに先のクリップを使ったものはA4フルサイズなので全幅298mm、全長210mmなのだが、今回のは全幅298mmは変わらないが、全長を120mmとした。飛び具合は部屋の中ではそれほど変わらない。

Noweight

で、一部訂正。Hortenの全翼機技術を戦後にアメリカが持ち帰ったと思っていたのだが、調べてみるとノースロップ社が全翼機を研究を始めたのが1941年だったということで、これはHortenの1930年代よりは遅いが、少なくとも戦後にHortenの技術をかっぱらったというのは間違いだった。

こちらの年表ではノースロップのほうが早かったということになっている。まぁ諸説あるんだろうな(11:20)。


12月30日追記:

ホチキスを使わずにオモリ部分をまとめることに何とか成功。使った紙は125mm×88mmのメモ用紙で、紙の厚さと大きさとの関係がちょうどいい感じ。

今回は何度でも同じように作れるように三角翼が直角二等辺三角形としたので全幅125mmに対して全長62mmとなった。


H229reg1_2 H229reg2
直角二等辺三角形の全翼機を飛ばしてみた。最初のがホッチキスを使っていないもの、二回目がオモリ部分をホッチキスで止めたもの。やはりホッチキスで止めた方が空気抵抗が少なくて具合がいいようだ。

| | コメント (6)

2017年12月24日 (日)

小型LED電球で悩む

電球の蛍光灯化とLED化に努めているわけだが、天井灯に小型(E17)の電球が使われているために、これがなかなかのネックになっていた。

しかし、先日秋葉原へ行ったときに、まさに求めていたE17(口金が17㎜径)で長さも電球とそれほど違わないLEDを発見したので」試しに買ってみた。下の写真で左手前の奴だ。40型というのは白熱灯の40W相当ということらしい。全長がE17電球の68mmに対して74mmということなので、それなら問題なく取り付けられそうだ。で、これが消費電力4Wで900円だった。

Ledvulve
このE17の電球をウチでは5個使っていて、後4個買うと結構いい値段だなぁ、とか思っていると、通販で「2個300円」というのを見つけた。なんだとお?

早速購入したのが上の写真の25W相当のもの。4個買って600円だが、送料が650円というなんとも残念な感じではある。消費電力は2.5Wだったと思う。そうか、LEDの消費電力って白熱電灯の1/10なのか。

Lights 天井灯から取り外した電球がこいつらで、まぁ別に悪いことをしたわけじゃないからこいつら呼ばわりも失礼な話ではあるのだが、右下の電球なんて外そうとしたらガラスと口金を止めているパテがぼろぼろになっていた。
外そうとするとガラス部分だけが回ってしまうために電線が露出してしまっていて、もちろん電球を外すために消灯していたからよかったものの、横着して通電したまま外そうとしていたらショートしていたところだった。

仕方がないので電線を引きちぎるようにしてガラス部分を外し、ペンチを使って口金を騙しだまし外したのだが、こういうこともあるんだなぁ。

左下に見える怪しいLED電球は以前に私が自作したもので、E12のLED電球をE17の口金にはめ込んだもの。これは消費電力0.5Wだったので、白熱電球換算で5Wだったのか。道理で暗いと思った。

これで、白熱電灯はほとんど駆逐したんじゃないかな。たしか風呂に一個あるんだなぁ。

| | コメント (0)

神戸の中華街で悩む

なにしろ生まれが神戸なもので神戸のことなら何でも知っていると思っていたが、私の知っていると思っていた神戸はすでに「昔の神戸」になってしまっている。

神戸に中華街があるということは昔から知っていたが、神戸の元町の一角に中華料理の店が何軒か集まっているような感じだと思っていた。

神戸へ行くと何だかいつもパンとかケーキとかそういう洋食系統のものをいただくことが多かったので、今回神戸の中華街を攻めてみようと思って調べてみると、昔とはだいぶ感じが変わっているらしい。

なんでも神戸の震災後に臨時の機材を使って屋台風に営業したら観光客受けがよくなったとかWIKIには書いてあった。

地図で調べると、南京町というのはこういうエリアで、こういう認識は全くなかったなぁ。この地図でいうと左上に見える元町駅の下のワンブロックくらいだと思っていた。

Nankinmachi

この地図だとよくわからないのだが、南京町の右端(東の端)には西側の西安門と対応する場所に長安門があって、この二つの門を結ぶ200mほどの通路がメインストリートになっている。

日曜日だったせいもあるのかもしれないが、この中華街もものすごい人出で、横浜の中華街でもこんなに混んでいるのは見たことがないというくらい。中華街というよりは上野のアメ横くらいの狭さと人混みに近い感じだ。

店の様子も横浜中華街とは違っていて、店の前の露天での商売に力を入れているのか、メニュー画像をたくさん張り出して道行く人を呼び止めようとしている。

で、長安門から入る人がきっと多いのだろう、長安門側と西安門側で露天の値段が倍くらい違ったりする(長安門側が高い)。

本当はこの中華街でお祭りの夜店みたいに少しづつ買って買い食いみたいにしたかったのだが、人混みが多くてそれはできなかった。磯辺焼き風の串焼きの餅を買ったのだが、これが冷えてて興ざめだった。もうちょっと保温とかすればいいのに。


この写真は西安門あたりなのだが、カメラの周りだけ人が少なくて、シャッターチャンスを狙っていたのだが、それが却ってよくなかったのか私の思ったような人混みを撮れなかった。長安門側で撮ればよかったのだが、後の祭り。

Nangking
で、結局お店に入ってフカヒレ系の麺料理をいただいたのだが、ビジュアルがあまりに地味だったので写真は撮らなかった。

いきなり南京町から話をはじめてしまったのだが、「神戸食べ歩き」ということでは実は長安門のちょいと駅寄りの「神戸牛の森谷商店」でメンチカツを買い食いしていたのだった。このメンチカツは「国産牛」とは書いてあったが神戸牛なのかどうかは保証の限りではない。でもおいしかったから良しとする。130円だったかな。

南京町を長安門から西安門まで歩いてそこからは元町商店街を通って駅へ戻ったのだが、元町商店街で面白いものを見つけたのでちょっと遊んでみた。

Kobe_cow
これは「神戸牛と戦うオヤジの図」なのだが、牛の右前足がよく見えなくて「旧交を温めるの図?」とか言われたりする。次回にはもっとしっかり組んで格闘感を出そうと思う。カメラアングルももうちょっと考えた方がいいよね。

| | コメント (4)

2017年12月20日 (水)

食い倒れの街で悩む

Wedding先週末はおめでたい席にご招待をいただいて大阪へ行ってきた。

式と会食は午後早くに終わるので、その後大阪の食い倒れを経験してみるつもりだ。私は大阪育ちではあるのだが、楽器屋とレコード/CD屋とあとは日本橋の電気電子系の店くらいしか知らないのだ。

一泊する予定なので、心斎橋のホテルにチェックインする。でも心斎橋と言っても「心斎橋YAMAHA」しか知らないという偏った土地勘である。

ホテルの部屋から見下ろす御堂筋を見て、「これが心斎橋通りか」と思っていたのが間違いであったことに気づいたのは実際にそのあたりを歩いてみてからだった。

まだ明るいうちに撮った御堂筋の道路がこちら。

Midosuji1
暗くなると、街路樹がピンクに色づく。

Midosuji2
御堂筋を歩いて南下していくと、すぐに道頓堀だ。あれれ?でもあの有名なグリコのランニングマンがいないなぁ。

Runningglico で、道頓堀川の左右を見渡してグリコを見つけたので、そちらの方へ行ってみる。そうか、こちらが戎橋通りで、こっちが本筋だったのか。

戎橋通りへ入ってみると、これは何ともすごい人だわ。「今日は祭りか?」というくらいのもので、写真を撮らなかったのが惜しまれるが、いやほんとに立錐の余地もないってやつで、こういう人込みが新宿とか渋谷でもなかなか見れるものではない。いやすごいわ。大阪の底力を見せつけられた感じだ。

特に何を食べようというプランもなかったのだが、焼鳥を食ってみようということでちょっと裏通りの店に入ってみたが、「予約でないと席がありません」ということで断られてしまう。え~?そんなに混んでるの?

道はまだまだ混みこみの状態で、交差点で信号待ちをしていると、周りを中国人の観光客に囲まれてしまう。みなさん日本の標準からするとやたらと厚着で、何よりも声高に母国語を叫んでいらっしゃるのですぐにわかる。大陸側ではなくて台湾のほうじゃないか、という気がするが、特に根拠はない。

そういう外国語の充満した環境にいると、なんだかこちらが異国に来てしまったような錯覚に陥る。

道頓堀からなんばの方へ足を延ばして、まぁこれだけの人数が動き回っていて、しかもお店がそれぞれ繁盛しているらしいというのはすごいものだなぁと改めて感嘆。

どこに入るのか、というのも目移りしてしまったどうにも決められないので、たまたま目についた「ネギ焼き」の店に入ってみる。店の外から空席が見えたように思ったので。

知らなかったのだが、「ネギ焼き」というのはお好み焼きの先祖にあたるもので、つまり生地の中にキャベツがなくてネギだけが入っているというもの。以前になんばあたりの街角の屋台で200円くらいのを買ったことがあったが、はて?あれはネギ焼だったかキャベツ焼きだっただろうか?キャベツ焼きというのはなかったのかも。

今回は屋台ではなくてちゃんとした、しかもちょっとこじゃれたレストランなので、牛スジとかこんにゃくなどの具も入っている。

Negiyaki

酒は飲まないのでお店の期待には応えられないのだが、この店に置いてある焼酎にはその名前にやられてしまった。

Shochu

お店に置いてあったのは「もとかの」と「となりのおくさん」だったのだが、隣の奥さんが実は元カノだったりすることもあり得るわけで、ひょっとしてこの二つは中身が同じだったりするのかなぁ? と思って恥ずかしながらお店の人に聞いてみたら、「となりのおくさんは芋焼酎、もとかのは麦焼酎、全然違いますがな。」とのこと。芋焼酎は香りがきついとかアルコール濃度も高いのだそうで、そんなこと知らんがな。

しかし、隣の奥さんを味わっちゃいかんだろう。「一度は呑みたい」って…、ああ、一緒にってことか。

Runningstatue ネギ焼きとその他をいただいて、御堂筋へ戻り、アメリカ村とかいう名前だけは知っているあたりへ向かってみる。すると、道頓堀の近くでこんなものを見つけてしまう。

グリコじゃないけどランニングマンだ。「フェアプレー像(SPOTAKA)」とか書いてある。SPOTAKAが何であるかはわからない。⇒わかったのでリンク先を参照のこと。

アメリカ村は夜遅かったこともあって、まぁどうっていうこともなかったかな。裏通りでスケボーを練習しているヤングマンたちが何となくアメリカっぽいっちゃアメリカっぽかったが、まぁなんとなくやらせっぽいっていうか、浮いている感じだった。

まぁそんな感じでまだ完治していない右足をいたわりつつ12000歩ほども歩いてしまったのであった。
(神戸編へ続く)


あ、そうだ。蛇足なんだけれども行きの新幹線で富士山が綺麗に見えたので写真をここで載せておこう。

天気がいい感じだったので、早くから富士山方向を見ていたのだが、なんと平塚あたりでもう富士山頂が見えてしまう。富士山全体が見えかくれするあたりからは自分でもバカじゃないのかと思うくらいに写真を撮りまくって、で、結局一番きれいに撮れたのが富士川手前で撮れたこの一枚だったのだった。

Mtfuji

| | コメント (0)

2017年12月11日 (月)

サックスのリードで悩む

ポケットサックスの音程が高くなってしまっていて困っていたのだが、これはリードの違いが原因であることが分かった。

Reed

この話には伏線があって、ここに並べたリードはここ2年くらい使っているリードなのだが、左から3番目の汚い奴がこの夏に使っていたら2週間でカビだらけになってしまったやつ。

リードにカビをはやしたのは初めてではないのだが、これはひどいなぁということでなんとかしなくちゃと思って、新しく買った左端の2枚には使用前に全体をトップコートを塗ってみた。

トップコートというのはマニキュアの保護用に塗る透明ラッカーみたいなものなのだろうと思う。100円ショップで買えるので、爪に塗るなんてことはめったにしないのだが軽い接着剤がわりにしたりとかいろいろと便利に使っている。

で、左端の2枚だがVandorenというメーカーの普通のヤツとJAVAというものだった。JAVAってどういう意味で言ってるのかを確かめようとして買ったのだったが、この2枚にトップコートを塗ってみたところ音程が半音近く上がってしまったというわけだったのだ。

これはつまり、音程が高くなってしまったリードについて、トップコートを塗ったのが悪かったのかなと思って、別に買ってあった左から4枚目のリードに換えてみたところ、音程が普通に戻ったので、やはりこのリード(またはトップコート)が原因なのだろうと確信したものだ。

では、この4枚目にトップコートを塗ってみると、音程は上がるんだろうか? 一度使ったリードではあるがよく乾かしてトップコートを塗ってみる。すると・・・音程は変わらんね。あれれ?

4枚目とVandorenの2枚を比べてみると、明らかにVandorenのは長さも幅も小さいのでこれが原因なのかもしれん。しかしそんなことがあるのかなぁ? ほかのりーっでもとっかえひっかえして音程を探ってみよう、と思ったところで今週は終わりだ。

| | コメント (0)

2017年12月 4日 (月)

楽器用FM送信機で悩む

Yamaha_fmそういえばこういうのを持っていたのだった。

ご覧の通り楽器に接続できる1/4インチのプラグが付いたFM送信機だ。9Vの電池を内蔵していてFMラジオに信号を飛ばせるので、アンプを引っ張り出したりせずに電子楽器を使えるので便利なのだ。特にルーパーなんかをちょっと使ってみようかというときに助かる。

が、これがどうもうまく動作しない。

ウチのFMラジオと言えばつまりミニコンポになるのだが、周波数を0.1MHzごとにしか変えられない。シンセサイザなんだろうな。

一方、このFM送信機の周波数は77.5MHz~78.5MHzの範囲でアナログ的な設定になっていて、設定する穴にドライバーを突っ込んで回すようになっている。

だから、ミニコンポのほうで78.5MHzで待ち受けているところへFM送信機の周波数をドライバで調整してやれば受信できるはずなのだが、それがうまく受信できていない。

Panel_fm
信号を受信している様子ではあるのだが、ノイズが多くて使い物にならない。どうもドライバでいくら調整しても周波数が変わっていないような感じもする。

そうこうしているうちに、ドライバを調整孔から離すと、周波数が変わったような手ごたえがあった。あ、そうかこれは磁性体ドライバで調整しちゃいけないやつか? そりゃそうだったかも。でも昔は持っていた調整用ドライバというのも今では持っていないしなぁ。
で、あらためてこのFM送信機をじっくり見分してみると、電池ケースのところに小さな調整用ドライバが付いていた。こりゃどうも心づくしっていうかありがたいご配慮だなぁ。
Hiddentool
Microdriver 長さ25mmっていうところでABS樹脂製だと思う。

しかしこれで回しても、周波数がスムーズに変わっていく感じがしない。FMラジオからはザーザーという音に交じって、リズムボックスの音がかすかに聞こえる。いくら小信号と言っても、こんなに信号が弱いはずはない。電池も新しいものに替えてあるので、きっと周波数がうまく78.5MHzあたりに設定できていないのだろう。




では、ということで分解して中を覗いてみる。

Printboard
昔ながらのトランジスタラジオなんかでよく使われていた調整可能なコイル/コアってやつなんだが、これってどういう状況なんだろうか?

マイクロスコープでのぞき込んでみると、こんなふうになっている。

Yamaha_fm_tune

う~ん、これってひょっとして調整可能な範囲を超えて、ネジ山が外れてしまってないか?下へ落ち込んでしまっているんじゃないの?これじゃぁいくら回したって周波数は変わらないだろう。

一方、ミニドライバーの先端を見てみると、こんなふうにナメてしまっている。ダメじゃん。

Minidriver

これじゃぁダメダメなので、いま、このミニドライバーを調整用のコアに軽く接着して回してみよう、ということを考えている。

| | コメント (0)

2017年12月 3日 (日)

足指をぶつけて悩む

Desklegこの写真内の赤丸で囲んだ部分に右足をぶつけたわけですよ。先週の日曜日だったんだけど。

結論から言うと、骨折はしていなかったのだが、右足台四指(いわゆる薬指)にヒビが入っていた。

少し腫れてはいたが、骨折だったらもっと腫れるよなぁ、とか思って、買い物に出かけようとしたが、100mほど歩いたところで痛くて歩けなくなって引き返すことになった。スニーカーがややきつめだったということもあるが、坂を下ったら上って来れない気がして引き返したのだった。

その後、小康を得て普通に生活していたのだが、腫れが引かないので週末に病院へ行ってみた。レントゲンを撮られて「ヒビが入っています、固定しましょう。」ということで、これはまずいな靴履けないのかな? と思ったが絆創膏で第三指と第四指を軽く結合するだけだったので、靴も履けるのだが、「階段禁止、坂道禁止、走るのも禁止」とか言われて、それはちょっと厳密に守るのは難しそうだ。

で、実は足をぶつけた直後とか、その後の毎朝の足の様子を写真に撮ってあるのだが、これはみっともないので公開しない。それよりも病院でのレントゲン映像を撮りそこなったのが悔やまれる。普通の病院なら大抵撮らせてくれるのだから言えばよかったのだが、「固定します」と言われて動揺してしまったのだった。

足の写真を見ると、ぶつけた直後から内出血の紫が周りに広がって、第二指まで広がっているのだが、お医者さんによると内出血が「流れる」というのはよくあることらしい。

それよりも、「ちょっと痛いかな」と思いつつも第四指を自分でまったくかばっていなかったのがよくなかったようで、となりの指でちょっとかばってやるだけでよかったのに、ぐりぐりと使い続けていたのがよくなかったらしい。

今も、なんかちょっと痛いのだが、足の親指でつま先の力を全部受けているつもりが、やはり第三指、第四指にも力が入るのか、かばい切れていないんだろうなぁ。

ということで、全治2週間なので指をかばいつつも普通の生活を何とか続けたい、と。

| | コメント (2)

危険な修理で悩む

1ヘアー・カーラーっていうんだろうか? 一見ヘアブラシのようで、ヒーターが入っていて長い髪だったらくるくると巻いたりするのかな? 現物の写真は投稿末尾に置くので見ていただきたい。ちなみにクレイツという会社のCIHB-R01という製品で中国製。「CREATE ION」というロゴがある。

まぁつまりそんな美容用品のコードが断線したらしいので治してくれ、と。

くるくる巻いたりするので、コードがねじれないようにコードの付け根が回るようになっていて、そこんとこがこの商品の価値なんだろうが、その先のコードの取り回しに問題があって一部に力が集中した結果断線してしまったらしい。

Rotater 分解してコードを短く切ってハンダ付けすればいいんじゃないかな、と思って分解したところでこの回転機構に気が付いた。確かにこれがこの商品のキモなんだろうな。

で、この回転機構を使わないようにしてがっちりハンダ付けしてしまえばある意味解決はするのだが、それもちょっとどうかな?と思ってしまうのがオタク心。回転機構とコードの接合点でなんとか治せないものか。

Cutcable で、思い切って回転機構の付け根あたりでコードを切ってみる。ほんの5mmでもコードが残っていればハンダ付けできるだろうという目論見だったが、これがちょっと外れて、被覆をはがして銅線を露出させようとしたら銅線が抜けてしまった。つまり回転機構のモールドの中で断線してしまっているらしい。

こりゃまずい。モールドをほじくり返して銅線を露出させないといけないじゃないか。

Moldbeak1 そうなると、もう力づくでゴム系プラスチックのモールドを削らないといけない。あたりをゴム滓だらけにしてなんとか銅線を露出させた。

被覆を2mmくらい剥いた状態がこれ。でも、100Vのコードをこんなところへつなぎこむのはちょっと勇気がいる、っていうかそういう問題じゃなくて危ないよそれ。

当たり前だが、絶縁を真剣に考えないといけない。

Soldered なので、ハンダ付け前にコードのほうに熱収縮チューブをはめておく。ハンダ付けした部分をしっかりとチューブで覆って確実に絶縁するのだ。

2本のコードのそれぞれをチューブで絶縁した後で、その2本をさらにまとめて手持ちの一番太いチューブで固定できるかと思ったが、一番太いチューブでも電源用コードに被せるのがやっとだった。もっと太いのを買っとかないと。

Tubed チューブを熱収縮させるとこんなふうになって、絶縁的にはだいぶ安心できる感じにはなる。あとは物理的強度と見栄えの問題。

で、このへんで全体を組み立てて通電試験してみる。これが全体像で、右上に置いてあるのがコードを守り切れなかった付け根部分の残骸。これの付け根当たりがもっとしっかりしていたら、こういう修理はしなくて済んだのだ。

Assembled
Molded_2 しかしこのままではハンダ付けしたあたりが物理的に脆くて、またすぐに壊れてしまうので、エポキシ樹脂で固めてしまう。

5分で硬化するエポキシで、ハンダ付けした周りをしっかり閉じ込める。プラスチック・モールドの表面はエポキシの食いつきがよくなるように刃物やヤスリで凸凹に荒らしておく。

硬化直前に粘度が下がって垂れてきそうになるのを手持ちでだましだまし形を整えつつ硬化させる。

2液型のエポキシを撹拌した時に空気が入ってしまって泡になったものが白く見えている。これはカッコ悪い。

Painted マジックで黒く塗りつぶした上からトップコートを二度塗りして保護するとこんな感じ。

これで当分は大丈夫だろう。

| | コメント (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »