« 怪しい車に悩む | トップページ | 今井美樹のビブラートで悩む »

2018年6月17日 (日)

ジャズ漫画で悩む

ジャズを題材にした漫画があるということは知っていた。「Blue Giant」というその漫画を楽器店に平積みされているのを見たことがあったし、それについてだれかと話したことも一度はあった。でもそれほど興味は惹かれなかった。きっとありがちな設定でありがちな展開なんだろうなと思ったのだったと思う。

その漫画のことはずっと忘れていたのだったが、先日横浜は白楽のBlueSettでカウンターに並んでいるのを見て、つい手に取ってしまった。そこには全巻そろっているような感じだったが、私が手に取ったのは第3巻だったと思う。最初のほうは飛ばして勢いが出てきたあたりから読もうと思ったのだ。

その場でライブを聞きながら第3巻から第5巻まで読んでしまった。ライブを聴く態度としてはリラックスしすぎだが、まぁ仕方がない。ご無礼ご容赦。

そこで読んだのは、仙台の高校生がテナーサックスでジャズを志して東京へ出てくるというありがちな話だったが、仙台で彼を指導していた男が「彼は私が持っていないものを持っている」と語るところがあって、そのセリフの背景を知りたいと思った。

で、アマゾンなんかで探してみたのだが、安いと思ったKINDLE版が意外と高かったり、安いと思ったら物語に関連したジャズの実際の録音のコンピレーションだったりするし、そのうちに「Blue Giant Supreme」というバージョンもあることがわかって混乱する。

で、書店で「Blue Giant」の第1巻、第2巻、Supremeの第1巻をみて、Supremeというのが主人公の海外進出をテーマにした別物であることが分かった。なので国内版「Blue Giant」の第1巻、第2巻を購入した。

Bluegiant_1_2

Bluegiantbookmark おまけに栞が付いてきたが、形が非定型なので、微妙に使いにくい。

第1巻と2巻を読んだので、事の成り行きはわかった。そのあと東京でどんなふうに育って行ったのか、というのにも興味はあるが、それほどでもないので第何巻まであるのか知らないがそのあとはもう読まなくてもいいかな。

それよりもSupremeの方に興味がある。なんでも何の伝手もなくドイツに行くんだそうで、そちらの方に興味がある。

たまたまYoutubeで検索してみたら、Supremeの第1巻~4巻までuploadされていた。いいのか?

まぁありがちなテーマで、ありがちな展開ではあるんだけれども、国内編、ドイツ編ともに楽しく読めた。面白かった。

Supremeの第1巻へのリンクを埋め込んでおくけれども、これは削除されるかもしれないので読むなら早めに。ちなみにSupremeの第4巻は私が見たときには再生回数6回だった。

|

« 怪しい車に悩む | トップページ | 今井美樹のビブラートで悩む »

音楽」カテゴリの記事

コメント

このコミック、今一番注目してる作品化もしれません、連載で読んでいます。才能とか天才性とか金を稼ぐドロドロとか、ヨーロッパ編も中々面白いです。

投稿: ををつか | 2018年6月17日 (日) 20時49分

Supreme編では「So What」なんて曲をやってたりするんですが、そういうのって「どんな曲なんだろう?」とか思ったりします? ベースが「ぼぼぼぼべぼべ~ん」サックスが「ぷーぱ」というふうな掛け合いをやるんで、漫画でもそういう表現になってるんですが。

参考音源:https://www.youtube.com/watch?v=DEC8nqT6Rrk

投稿: PicksClicks | 2018年6月17日 (日) 22時36分

こっちのほうがよかったかな。

So What:https://www.youtube.com/watch?v=zqNTltOGh5c

投稿: PicksClicks | 2018年6月17日 (日) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 怪しい車に悩む | トップページ | 今井美樹のビブラートで悩む »