« 伝説の旅行者に悩む | トップページ | 高難易度の知恵の輪で悩む »

2018年9月 2日 (日)

伝説の旅行ジャーナリストに悩む

新聞を読んでいたら「兼高かおる」がどうしたこうしたなんてことが書いてあった。え、兼高さん? 本人じゃないだろうから娘さんかな? と思ったらなんと本人だった。90歳らしい。

Kanetaka

兼高かおるというと、「兼高かおる世界の旅」というTV番組で世界中を飛び回って旅行番組の走りを作り上げたひとだ。1969年から1990年まで続いたというから長寿番組だなぁ。

WIKIによればお父さんがインド人だったということで、なるほどそういえばインド美人という感じはあったし、なんとなく色黒ではあるなぁと思っていたのだった。


旅行する中でJFケネディやダリと会ったりしたこともあったらしい。私も番組を見ていたはずだがそういうのは覚えていないなぁ。

1カ所1週間のスケジュールで本人とカメラマンとアシスタントという最小構成での撮影、しかもほとんどアポなしという強行軍だったらしい、よく続いたものだなぁ。

神戸の香蘭女学院出身ということで、黒柳徹子の後輩にあたるとか。じゃぁ徹子も神戸だったのか。横浜の「人形の家博物館」の館長も務めたというのも徹子の後輩だな。

ということで、懐かしい番組の懐かしい人を見つけてしまいました。

1月14日追記:

兼高かおるさんが2019年1月5日に亡くなられたそうです。92歳だったかな。
「結婚は?」という質問には「結婚の意味が分からない」と答えておられたそうです。合掌。

|

« 伝説の旅行者に悩む | トップページ | 高難易度の知恵の輪で悩む »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

日曜日の朝の番組でしたよね、懐かしいな。数年前、ラジオの番組で久米宏が聞き手になったインタビューコーナーでお話しをされていて「へ〜、まだお元気なんだ〜」と驚いた憶えがあります。

投稿: ををつか | 2018年9月 3日 (月) 07時15分

日曜の朝でしたか? まったく覚えていないし、内容的にも何にも覚えていないのですが、兼高さんのキャラクターは強烈でした。

投稿: PicksClicks | 2018年9月 3日 (月) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伝説の旅行者に悩む | トップページ | 高難易度の知恵の輪で悩む »