« 低予算映画で悩む | トップページ | 「OK, Google」で悩む »

2018年9月 9日 (日)

アムロの引退に悩む

安室奈美恵には会ったことがある。

NHK様を顧客として仕事したことがあって、その関連で私は渋谷のNHKのエントランスのあたりで公衆電話をかけていた。まだ携帯電話が出回る前のことだった。

電話の途中で私は少し待たされることになり、通り過ぎる人たちを眺めていた私の前を安室奈美恵が一人で歩いて行った。当時はまだそれほど知られていなくて、しかし私は知っていたのでそういう視線を感じたのかもしれない。一瞬だが確かに目と目が合ったが、もちろんそれ以上のことは何も起こらない。たぶんアムロ16歳くらいじゃなかったかな。

そんなアムロが引退宣言し、本当に引退するみたいだ。今のままでも続けられるだろうが、例えば50歳になって美魔女とか言われながら歌い踊るのもいいだろうけれども、きっと引き際というのは40歳と50歳の間のどこかにあるのだろう。そうすると、いっそ切りのいい40歳で引退というのが潔いという判断だったのだろうと思う。アムロ自身としては、だ。

エイベックスはたぶん別のことを考えていたはずだ。アムロの商品価値は年々下がっていくだろう。小室のようなプロデューサーがバックにいない限り、今後の大ヒットは望めない。ならば、派手に引退興行を打てば、引退による損失を最小限に押さえられる、と。

エイべックスの頭にはきっとこんなグラフがあったはずだ。

Amuro_sales
このグラフはあくまでも私の想像である。二つのグラフのそれぞれ下の図形の面積が総売り上げになるので、紫のグラフがのピークがもうちょっと高ければ活動を継続する場合とトントンになる。

実際の売り上げはこんなに簡単なものじゃないらしくて、ネットでこんなものを拾った。

Amuro_vs_ayu

これはきっとCDの発売日と販売数だけで作ったグラフじゃないかな? しかしそれにしてもこんなにデコボコしているとは、音楽業界も水ものなんだなぁ。

などと思いつつ、ご親切に貸していただいたアムロのファイナルコンサート(東京ドーム)のBlu-Rayを見た。

Amuro_namie

正直こういうコンサートには行ったことが無いので圧倒された。プロジェクション・マッピングの動画の存在感がすごいね。それとダンサーのスキルはすごいんだが、皆さん動きが同じで「ダンサーは誰が倒れても交代できる」感が強い。さらに気が付いたことというと、バックバンド(オケなんだろうけど)のドラム以外の音量が異常に低い。ベースなんてほんとに聞こえない。つまりアムロのボーカルが最前面に出てきていて、さすがはアムロのコンサートという感じだ。

で、アムロ自身はあれだけ踊って歌うっていうのはよく息が切れないものだなぁ、と。ひょっとして口パクだろうか?と何度も口元や喉の動きを見ていたのだが、マイクが入っているかどうかはわからないけれども確かに歌っているのは間違いないと思う。胸や腹の動きで呼吸がわからないのが不思議ではあるが、あののどの動きは歌っている。

口パクかどうかなんてことは、30曲を歌い上げるコンサートではもうどうでもいいって感じだ。すごいなぁ。

しかし、左肩の入れ墨はきれいに消えたなぁ。上から何か塗っているのかもしれないが、それにしてもきれいだ。



|

« 低予算映画で悩む | トップページ | 「OK, Google」で悩む »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 低予算映画で悩む | トップページ | 「OK, Google」で悩む »