« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月の4件の投稿

2019年5月26日 (日)

水蒸気で悩む

水蒸気について、大きな思い違いをしていたことに気が付いた。

水が100度になると1気圧の環境では当然水蒸気になるが、0度から100度までの間(常温と呼ぶことにする)でも水蒸気は発生している。私はこれをあたかもガスが発生するかのように考えていたのだがこれが間違いらしい。

どういうことかというと、例えばジップロックみたいな透明なプラスチックの袋に空気が入らないような状態で水を入れて直射日光の元に放置すると、水蒸気の泡が相当量(例えば体積比で水の量の5%とか10%とか)発生するだろうと思っていたのだ。

これがどうも違うらしい。

「常温の水蒸気は空気に溶け込む形でしか存在できない」ということのようなのだ。つまり常温では空気が無いと水蒸気は放出されない。

早速やってみた。

所により真夏日にもなっていた昨日、ジップロックに水を入れで気泡を抜き、直射日光の元に2時間ほど放置した。

Waterinbag

日光を吸収しやすいようにしたに濃色のタオルを敷いた。細かな気泡は見られるが、期待したほどの大きな気泡はみられない。小さな気泡は水蒸気ではなくてもともと水に溶け込んでいた窒素とカCO2とかの気体だろう。


どうしてこんなことを気にしているのかというと、過去に書いた自分の投稿を見直していたからだ。

「海水から真水を得る方法」として、海水から自然発生する水蒸気を集めてやや深いところにある低温の海水で冷やせばいいじゃん、ということを考えていたのだったが、「水蒸気の循環をどうするんだ?」というご指摘を受けつつも、それは水蒸気自身の水蒸気圧でなんとかなるんじゃないか、と考えていたのだった。

水蒸気の循環に媒体としての空気が必要だということになると、例えば水蒸気を含んで重くなった空気が下の冷却部分へ流れていき、冷却された空気は水蒸気が凝結して水となるので空気自身は軽くなる…と都合のいいことだけを考えるとこういうふうになるのだが、水蒸気を含んでいる空気は温度も上がっているのでその分軽くなるし、水が凝結するくらい冷却された空気はそれ自身が重くなっているだろう。なんだか結局その両方が釣り合ってしまうような気がしなくもない。

しかし、考えてみるとこれはヒートパイプではないか。ヒートパイプというのは温度の高低差のある部分をパイプ内に循環する液体の揮発・凝縮によって熱を移動させるもので、ヒートパイプにおいては揮発・凝縮する液体をどうやって循環させるかということが問題になる。実際のヒートパイプでは業種した液体を重力で熱源側に戻すとか、毛細管現象を利用するなどしているわけだが、私のような利用方法だと液体を循環させる必要が無い。

液体から蒸発した水蒸気は空気中に循環というよりは拡散していって、空間内で水蒸気が均一になるんじゃないだろうか。

そう考えてこんな実験をしてみた。PETボトル2本を組み合わせて片方では日光から太陽熱を吸収して水蒸気を発散させ、連結されたもう一本のPETボトルを保冷材で冷却するという仕組みだ。

Vapour

実際に作ってみて、一番大変だったのがこの部分だ。冷却塔のPETボトル側面に穴をあけ、もう一方のPETボトルのフタを(フタの底を抜いて)取り付けた。取り付けには初めてグルーガンというのを使った。

Bottlenub

これをこんなふうに設置する。太陽熱を吸収するように吸熱塔(と今名付けた)には黒いプラスチック(BOOKOFFの袋)を放り込んである。冷却塔には保冷剤を括り付けてタオルでくるんで低温を保つようにする。

2bottles

で、こうやって時期的に早めの炎天下に3時間ほど放置したところでさてどれだけ水がたまったかな? と冷却塔を見ようとして大失敗。全体が傾いて吸熱塔の温水が冷却塔に流れ込んでしまったのだ。

すっかり落ち込んだところからどうやって立ち直ったかという点は割愛。

翌日に再度挑戦だ。

一晩の猶予があるので、冷却塔のボトルに保冷剤を密着させて冷凍庫で凍らせた。前回は保冷剤をボトルに密着させるのに苦労したが、今回は輪ゴムで簡単に装着できる。

Coolingbottle

で、今回は保冷材の上からタオルを巻き、さらにその上からコンビニ袋で断熱を試みる。

3時間放置したら、さすがに吸熱塔でも内面に結露している。水蒸気は満タンっていうか飽和状態だ。

Ketsuro

昨日の大失敗を繰り返さないよう、慎重に吸熱塔を外して冷却塔を取り出す。

ご覧あれ。

Cooledvapour

なんだよ~、嫣然入っていないじゃないか。水分は無しというわけではないが、せいぜい0.3CCというところ。そんなものなのか?

考えても見てほしい、真夏のビヤホールで冷えたビールのジョッキは大量に汗をかいているじゃないですか。あれくらいの水分は楽勝で取れると思ったんだがなぁ。

というわけで、まだまだ改良が必要ってことかな。

翌日追記:

調べてみると、1立方mの50度の空気には飽和水蒸気として25.5gを取り込むことができる、らしい。このPETボトルは500CCだから、0.013gってことだ。空気の重さは1リットルで29gだったか1立方mで28gだったか、まぁどっちにしても水蒸気を目いっぱい取り込んでも大したことではないので、熱を得て軽くなった空気は水蒸気なんぞを抱えたままでも軽々と浮き上がってしまうのだ。

考えてみれば、海とか川とかから水蒸気を得て暖かい空気が上昇し、高空で冷やされて雲になるのであった。考えなくてもそうなんだけどな。

だから、冷却塔の冷却部分を上に持って行けばいいのだな? ほんとだな?

翌々日追記:

冷却塔を上にしてベランダに仕掛けておいたのだが、あいにくの雨になってしまった。雨になるのは明日じゃなかったのか?天気予報が時間軸で外れたらしい。

結果がこれだ。

A_cap_of-water

ちょうどキャップ一杯分だけ採れた。測ってみると7gだった。雨の日ということを考えるとこれはなかなかいい結果じゃないかな。

ちゃんと計算していないけれども、水蒸気を飽和させることよりも凝縮させるための冷却のほうが大事なのではないだろうか。冷却の実力は保冷剤で定まるので、これが晴天であっても同じような結果になったのではないかと思う。

つまり、水蒸気が飽和してしまうとそれ以上いくら加熱しても水蒸気はそれ以上発生しない。それよりも飽和している水蒸気を凝縮させて新しく水蒸気を発生させる隙間を作ってやることの方が大事なんじゃないか、と。

なので、今考えているのは晴天の日にもう一度同じことをやるっていうのもあるんだけれども、保冷剤を空気中に放置して、保冷剤が室温になるまでにその周囲にどれくらい空気中の水蒸気を凝縮させることができるかを測定する、っていうことだ。

というわけで、つづく。

6月2日追記:

きっとこういう製品があると思って探していたらこんなのを見つけた。Aquamateというものらしい。日本円で3万円弱だ。直径30cmほどで1日に0.5~2.0リットルほどの水を作れるらしい。なんでもNATOの備品番号があるとかいうことだから、「NATO御用達」ということなのかな。

Aquamate_on_sea

仕組みを描いた絵もあった。ふむふむ。左下のタンクに水がたまるらしい。

Aquamate
これを作っているのはイギリスの会社のようだ。HPがこちら

| | コメント (2)

2019年5月25日 (土)

平熱で悩む

以前から平熱の低いことを気にしていて、ちょうど年号が変わるころから何とかしてみようと思って42度の風呂に入るということを始めていたのだったが、やめてしまった。

結論から言うと、確かに平熱は上がった。34.5度だったのが、不安定ではあるのだが朝起きたときに34.8度になったりしていた。でも一定しないんだなぁ。

だから自分の体感としては平熱が上がったというよりも、なんだか微熱があるなぁという感じ。身体としてはなんだかすっきりしない。頭痛もあったりしたので風邪でもひいていたのかもしれない。

しかし、困ったことに血圧が高くなってしまった。150/100ということで普段よりもそれぞれ20ほど高い。これはまずい。

さらにこんな記事を読んだ。これがとどめだった。この記事では「平熱が低くても寿命が短くなるというデータはない。むしろ平熱の高い人の方が死にやすいというデータがある。」ということを言っている。

たしかに、「平熱が低いと寿命が短くなる」というのは「~はずだ。」「=と考えられる。」といった理屈レベルの話であって、データによって裏付けられたものではない。これってあれだ、「あるある大百科」事件みたいなものなんじゃないだろうか。

というわけなので42度の風呂に入るのはやめた。でも平熱は安定しない。

そもそも、真夏に42度の風呂に入るのはどうも気が進まなかったのだ。






| | コメント (2)

音楽Barで悩む

知り合いの知り合いが横浜で音楽Barを開いた。生演奏は無しで、音源を流すらしい。

流す音源は1980年代のAORとシティポップだという。

AOR(大人のロック:Adult Oriented Rock)として名前だけは知っているがあまりよくは知らない。私のイメージとしては「オリジナル・ラブ」みたいなものかな?と。あるいはヒュージョンほど尖がっていない音楽っていうか。

名刺みたいなのをいただいたので貼り付けてみよう。幅の自動調整がうまくいくかな?

Bleu1

ご覧の通り店の名前はBLEUという。BLUEではなくてBLEUなのはフランス語なのかもしれない。調べてみると曲名だかバンド名だかにBLEUと付いたものがあったのだが、今となっては探せない。

名刺の裏側も載せてみよう。

Bleu2

1980年代といわれてパッと思い浮かぶのはマイケル・ジャクソンだが、当時の自分を思い返してみるとジョンスコ(John Scofield)とかリトナーとかカールトンとかを主に聞いていたような気がする。Bob Jamesを聞き始めたのもこのころだったかもしれない。

というわけなので、AOR Barと言われてもちょっと私には敷居が高い。Rock Barほどではないけれども、そもそもBarって下戸の私には用が無いところなんだなぁ。

でも、このお店には頑張っていただきたいのでここにご紹介する次第です。



 

| | コメント (0)

2019年5月 3日 (金)

ギタトレで悩む

連休が始まったけれども自由時間が多くて横浜あたりをぶらぶらしていたら、通常遊弋コース(楽器屋と電気屋あたりをチェックするコース)でこんなものにつかまってしまった。

Gitatore1

要するに島村楽器(VIVRE5階に移転して営業中)の前で「ギターがうまくなるスマホアプリ:ギタトレ!」のデモ演奏をやっていたわけだ。

デモのおじさんが寂しそうにしていたので、前に立って見ているといろいろ説明をしてくださる。「コードも単に図示するだけでなく、実際の指使いを画像でガイドします!」とか「練習モードで採点されて、合格すると次へ進めます!」とか。

そのトレーニングの中でアドリブして評価してくれるというのがあって、それが面白そうだなと思っていると「アドリブとかやりますか?」と水を向けられたので「やります。下手ですけど。」と即答する。すると早速ギターを持たされて「さぁやりましょう」ということになった。

ギターはiRig2という機器を介してタブレットにつながっているようだった。「iRigは必須ですか?古いiRigなら持ってますが」「いや、なくても大丈夫です。スマホのマイクで(ギターの音を)拾えます」ということだったが、それまでアンプにつながっていたのをヘッドホンにして被せられたのは恥をかかせないようにという親切心なのだろう。

で、まぁオケが鳴ってペンタトニックでアドリブしなさい、ということなのだが、「太鼓の達人」で太鼓がビュンビュン飛んでくるみたいにしてコードネームが飛んでくるのだ。最初何だか勝手がわからなくてもたつきつつも1分ちょいほどヘナヘナと弾いていたら「B」判定ということでなんだかわからないが合格らしい。最初にしては出来がいいとか甘い言葉でおだてられながら続いて「フォークソング風の曲でアドリブ」というのをやることになる。こちらはペンタトニックじゃなくてわりと自由にできるようなので、自由にやらしてもらったら「A」判定になった。これは「B」よりもいいらしい。「A」の上には「S」というのがあるが、これはめったに出ないということでまた甘い言葉をかけていただく。うれしいじゃないか。

オケで練習するっていうのはもうさんざんやってきたことなんだけれども、何らかの形で評価してもらえるというのはいいかもしれない。

この「ギタトレ」というのは島村楽器が開発したスマホ用アプリで、AdnroidとiOSの両方で稼働する。基本的には無料アプリだが、アプリ内課金があって、ある程度以上のスキルに対して課金されるらしい。ただし、しばらくの間はこの料金が120円だというのでそれくらいならいいかなとも思う。キャンペーンが終わると840円になるとか言っていたような気がする。⇒5月31日までらしい。

じゃぁ、その120円キャンペーンのうちにインストールしてみようかな、ってことでインストールしてみる。でもいきなり120円で購入というわけにはいかなくて、いくつかの課題をこなさないといけない。ここで若干の問題があって、パワーコード(ルートと5度だけを弾く)なんて弾いたことないもんね。つまりロックギター指向なトレーニングなので、パワーコード⇒コードでバッキング・カッティングがあってやっとアドリブソロみたいな流れになているのだった。どこから課金されるのだったかは忘れた。

あ、ここで構成について触れておくと、スマホにイヤホンを付けてギター(アコースティック)の前に置き、スマホのマイクで拾うようにするだけなのでiRigなんていらなかったね。もっとも私のiRigはどこにあるんだかいまだに見つかっていないのだが。シマムラさんのいうことには「エレキギターの(アンプを通さない)生音でも拾えるように作っています。」ということなので、まぁたいていの環境で使えるのではないでしょうか。騒音の中では無理だろうけど。ちなみにTVがなんだかしゃべりかけてくるような環境でもちゃんと音を拾っていたようだった。

で、まあ小一時間ほどかけて課金にまでこぎつけて、さらにチュートリアルをやったりすると、検定を受けることができるようになる。

Kentei

で、まぁなんとか最上級の3段までいただくことができました。

3dan

スイスイと何の問題もなく、と言いたいところだけれども、勘違いしたりなんかして「C:不合格」も何度か頂いた。だいたい流しながらでも「B」はいただけるし、気合を入れれば「A」もわりといただけるんだけれども、最上級の「S」はほぼ完ぺきくらいに弾かないともらえない。

1級の「アドリブ」ではちゃんと説明を読まずにやったために何度も「C」をいただいてしまった。コードトーンを忠実にたどらないとダメなのかと思い込んでやっていたのだが、やるたびに「Chordが違う:20回」とかいうのが出ていて、これはきっと何か構造的に間違っているのだろうな、と昨夜はそこでやめ今夜ちゃんと読んで再トライしたら難なくクリアできた。これを突破したら1段2段3段はまぁ楽勝というか。

で、家のTVにはChromeCastという強い味方があるので、このおアプリの画面をTVで表示することができる。これでやってみると、イヤホンなしでもTVからの音でオケが聞こえるし、それがスマホのマイクに回り込むことも少ないみたいだ(スマホからオケの音を出すとマイクへ回り込んで具合が悪いので、イヤホンが推奨されている)。ちなみにスマホにいつも使っているBlueToothイヤホンを接続しても問題なく利用できた。BlueToothは遅延があるので問題になるかとも思ったが、もともとこのアプリは遅延には寛容なようだ。

Gitatore_ontv

120円の元は取れたと思う。

| | コメント (2)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »