« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

2021年7月の7件の投稿

2021年7月29日 (木)

ギターのミニチュアで悩む

去年の夏ごろだったと思う。その辺に転がっている木切れでギターのミニチュアを作ってみた。これをギターのケースに付けたりしていたのだが、落としそうになったのでやめてしまった。ギターかついで出かけることもなくなったしね。

Guitarmodels 

モデルにしたのはこの二本。上のは13年前に購入したエレガット。下の方は仕事帰りのセッションに便利なトラベラーズ・ギターの「Speedster」だ。こうやってミニチュアと実物を並べると、いろいろアラが見える。エレガットのヘッドにも色を付けたらよかったとか、ネックがちょっと曲がっとるとか。

Guitars2

あまり細かいところは作り込むことをはじめから諦めていたのだが、プロが作ると細かいところも手を抜きつつ職人技を見せてくれる。

下の写真はヤマハで売られていたストラップ用のミニチュアだが、まずネックを思い切り太くして強度を付けている。ヘッドの造りがよく見るとすごくて、こういう工作はできないなぁ。1mmのドリルで等間隔に穴をあけてアルミ線を埋め込むことも考えたが、「等間隔」というのがちょっと無理だった。

こんなのを数百円で売りものにできるのはすごいなぁ。

Acguitar

そういえばこんなのを持っていることを思い出した。これは細いネックを牛骨で作ることによって強度を確保している。10年以上前に買ったのだと思うが結構高かった。実はこのミニチュアより安いギターを今でも2本使っている。バッグのジッパーにつないでいるのだが、落としたくないので常にバッグの中に入るようにしている。だから外から見えなくて何のためのアクセサリーなのやら。

Bone_20210729175301

| | コメント (0)

2021年7月28日 (水)

aikoの微分音に悩む

aikoはデビュー前後の頃に、「この子をデビューさせたいんですよ」というふうに番組で紹介されていたのを見て印象的だったのを覚えている。

その後有名になってきたころにはなんだか不思議な音程で浮遊感がある声だなぁと思っていた。特に調べることもしていなかったが、aikoというのは微分音をつかう人なのだろうという確信あるいは思い込みを持っていた。

今年のある日、Youtubeでaikoの「カブトムシ」を聞いていて、冒頭の部分でいきなり微分音だなぁ、と思いつつ同じ曲をほかの人がカバーしているのを聞いて「あ、全然aikoの音程を再現できてないじゃん」と思った。今回この投稿を書くにあたってその「カバー版」を探したのだがどれだか探せなかった。その時には明らかに音程が違っていることが分かったのだが、なんというか歳のせいで鈍感になったのだろうか?

ちょっと聞いてほしいのだが、これが参考にしたaikoの「カブトムシ」オフィシャルのMVもあるのだが音程を修正してあるかもしれないと思ってライブのを選んだ。ライブ動画はもう一つあるのだが、そちらのほうはご本人の調子が悪かったのか音程が悪くて参考にならないと判断した。

 

で、仮にカバーとして選んだのがこれなのだが、今聞いてもaikoと大きな違いが聞き分けられない。これじゃなかったと思うんだが、このカバーはカラオケの点数をつけるために音程を判定しているので違いが出るのではないかと思って選んだ。

 

で、ここで重大発表です。私はaikoの微分音についてちょっとした仮説を持っているんです。それはまずaikoの微分音の正体は「Blue Note」であり、そのBlue Noteというものが実は「平均律7音音階」というものではないか、と考えているのです。

我々が普通つかっている音階は「平均律12音音階」とでも言うべきもので、1オクターブ(周波数にして2倍)を12等分(2の1/12乗ずつの等比級数)し、それを全音半音の組み合わせによってドレミファソラシの7音階にしている。この12音階から7音階にする過程については別項で書いた

7音音階についてはまたあとで詳しく解説するとして、「カブトムシ」に戻ろう。

「カブトムシ」を譜面通りに(つまり12音音階上の7音音階で)演奏するとこうなる。テンポがちょっと遅いがごめん。

これを7音音階で演奏するとこうなる。違いが分かるかなぁ? このバリエーションは当初、微分音の疑いが濃いEbの音だけを平均律7音音階にすり替えるつもりだったが、思い切って全部の音を平均律7音音階にしている。

同じに聞こえる? 同じファイルじゃないかと疑ったりしてる? 実は私も疑った。なので二つのファイルを同時に鳴らしてみた。そしたら周波数差によってビート(うなり)が発生している。ふたつのWAVファイルをステレオの左右にできればよかったのだが、私の環境ではできなかった。

似たような微分音は山崎まさよしの「セロリ」の冒頭でも言えるとは思うのだが、はっきり言うとカブトムシで力尽きたって感じ。

 

では曲を離れて、平均律7音音階について語ってみよう。

まず、これが平均律7音音階の音です。単音8つのあと、"ダイアトニック"の三音和音を8回鳴らしている。

Scaleruler7

普通の音階と平均律7音音階の関係は左の図のようになる。7音音階と5音音階の刻みをEXCELでキレイに付けたかったのだが、インクと紙と時間を散々無駄にした挙句うまくいかなかったので手書きにした。例えば「2/7」は平均律7音音階の(ゼロから数えて)2番目の音であることを示している。

この鍵盤の図にはちょっと仕掛けがあって、12音音階を均等に配置できるようになっている。右側のマスキングテープを貼ってある部分は上下にスライドして12音音階に対して相対的な音階を表示できるようになっている。この場合は根音がCなのでスライドはさせていない。この仕掛けはもともと別の用途に使うつもりで作ったものだ。それについてはまた別の機会があるだろう。

この7音音階と普通のハ長調の音階とを比べると、2/7、3/7、6/7がそれぞれ3度、5度、7度の音に対応するBlue Noteになっている、というのが私の指摘だ。普通の音階と平均律7音音階を組み合わせてブルージーなフレーズを作るということもやってみようとは思っているのだが、まだ手を付けられないでいる。

この7音音階がそれ自体で音楽を支える音階として成立しないのは、近似的に整数比となる和声を構成できないからだ。さらに言うと、音階には周波数比で1.5倍(普通の音階で5度の音程)というのが重要なのだが、7音音階では主音に対してほぼ1.5倍の音はあるのだが、その音のさらに1.5倍が7音音階上にない(普通の音階ならドに対して1.5倍でソ、ソの1.5倍でレ)ということがある。12音階が使われるのは偶然ではないのである。

普通の音階も比較のために置いみよう。

そういえば、平均律5音音階というのも、ペンタトニックなんてものがあるなどいろいろ検討はしているので、それも置いてみようか。いらない?

しかし、伴奏付きの歌はどうにも周波数を測定できなくてもどかしい。たまたまギターで微分音を出している例があったのでそれを紹介する。

これはtakiさんから紹介された「美人ギタリストシリーズ」の一環で、バーデン・パウェルの「宇宙飛行士」をアシュレイ・ルセロという人が弾いている。最初にアルペジオでA、F#、C#、E、Bと弾いているのだが、最後のBの音に違和感を感じる。

 

Bの音は本来ならば494Hzのはずなのだが、測定してみると507Hzあたりになっている。これは2%の誤差だが周波数は半音で6%違うので、2%の誤差は無視できない。おそらく演奏誤差ではなくて意図的な演奏行為だと思うので、その点を動画のコメント欄で質問してみたが全く返答がない。まぁ演奏者個人のチャネルではないので仕方がないのかな。

505hzb

ちなみに507HzというのはBass音のAを基準とすると平均律5音音階の1/5である。これもなにかのご縁かも。

 

| | コメント (0)

2021年7月20日 (火)

電灯消えて悩む

食卓を照らす電灯が消えた。土曜日の夜だった。3年前に購入したおしゃれな天井灯が点かないのだ。

ただしこれは修理済みの風景。

Led_bords

簡単な接触不良だったらすぐに直せると思ったのだが、そうではないようだ。コントロールボックスに変圧器っぽいものがあって、これが100V~240Vを45Vに変換するらしく、その一次側の抵抗値を測ってみると無限大だったので、これはトランスの断線だと思った。そんな部品の持ち合わせはないので、これは私の手には負えない。

Aircorno016_gy

AIRCORNO_016というのがこの電灯自体の型番で、このパーツはGY-450040Lというらしい。それよりも扱っている会社の名前が分かったので、そこへ連絡することを考える。すると「CONTACT」というページでメールが送れる。なので、状況と私が怪しいと思った部品番号を送り付けた。

すると月曜日に電話で連絡があった。「申し訳ないが、該当製品はもう作っていなくて、部品も手当てできない。」という。いや、だから製品はダメでも部品は何とかならんのか?と食い下がるが、「部品も中国で手配するので日本ではどうにもならない。」とおっしゃる。

じゃぁどうするのか?というと「同等品と交換するか、または全額は無理だが半額くらいなら返金できる。」と。え~?なんだそれ?

じゃぁさ、その「同等品」ってどういうのが選べるのか教えてよ。「ではURLをメールでお送りします。」はいよろしく。

しかし、1時間ほどするとまた電話があり、「すみません、間違えていました。」はぁ?「AIRCORNO_017だと思っていましたが、016なら対応できます。」なんでそこを間違うの? 「交換商品をお送りしますので、故障したものを送り返してください。」いやいや、あの部品だけでいいんじゃないのかな?「それではその部品だけお送りします。」しかしなんで016と017を間違えたの? メールにはしっかり書いたのに。

結局なぜ016と017を間違えたのかという質問についてはすべてスルーされた。でもとにかく部品を送ってもらえるらしくて、しかもどうやら無料らしいので、これはよかった。

で、今日の火曜日。部品が届いた。よしよし、まず一次側が導通するか調べてみよう。あれ? 導通しないな。それに変圧器にしては軽い。これは単純な変圧器じゃないのか? ということで、故障した方のトランス(と私が思っていたもの)を開いてみる。

Gy464

なるほどね。ここでもう直流にしちゃうわけか。まぁそりゃそうだわな。変圧器の断線とかいう簡単なことではないらしい。

左下に見える黄色いのが何なのだか謎だが、キャパシタ分割で交流電圧を下げてから直流にし、そこから高い周波数で小さなトランスを通してさらに電圧を下げて直流化ということをやっているんだろう。

100Vの商用電源の行先をたどってみると、こんなふうになっている。100Vをキャパシタ分割(?)した直後にABS10というダイオードブリッジで整流している。

Abs10

この基板の表側がこうだ。この黒いのと黄色いので100Vを分割しているようだが、黄色い部品の表面が焦げている?のかな?

Set1s250v

おそらく、この「SET T1A 250V」と刻印された部品が焼けたのだろう。これが故障の原因らしい。

で、新しい部品の方は開けるつもりもないのでそのまま装着してちゃんと点灯することを確認して、その写真はこの投稿の最初に掲載した。

翌日追記:

書き忘れたが、今回の件については無料で対応していただいた。

今回焼けちゃった黒いのは多分サージ吸収デバイスなんだろうな。あそこで電圧下げる必要はないものな。じゃぁ黄色いのは何だっていうと、まぁ、コンデンサかな?

 

| | コメント (3)

2021年7月12日 (月)

時計の文字盤で悩む

Wrongclock小学生向けの問題です。今何時何分でしょう?

小学生には難しいだろうなぁ。私のような人生経験豊富なおっさんでもぎょっとしたものなぁ。

これはある夜に腕時計を見たらこうなっていたという話で、私はちょっとしたパニックになってしまったのだった。だって「ああ、10時過ぎか。え?!」ということで10時過ぎなら短針は10時より後っていうか上に来ていなくてはならないのに、なんでお前はそこにいる?

一瞬私の頭がおかしくなったのか?と思ったが、おかしくなっていたらそうは思わないだろうという希望的観測のもとに、では時計がおかしいのか?歯車のかみ合わせが狂ったのか?と考えたりして。

この時にすかさず写真を撮っておけばよかったのだが、何しろパニクっていたのでそれには気が付かなかった。後ほど気を取り直して撮り直したのがこの写真。針の配置として最初に見た時のようなインパクトはないのが残念。時刻を見ると次の日の朝だな。ちなみに写真の日付から2月12日だったことがわかっている。

Coruzoderneshfted2

つまり、文字盤がまわっちゃってるわけ。そんなことある?聞いたこともないんだが。

そういえばひところ忙しいビジネスマン向けに文字盤を30度くらい傾けた腕時計が発売されていたことがあった。肘を張って腕を水平にしなくても時計に正対できるということだったと思う。こういう場合はもちろん文字盤だけでなくて中の時計機構(ムーブメントという)も一緒に傾けているのだ。

この時計は以前にもこのBLOGに登場したことがあって、その時にはもちろんこんなことにはなっていない。

さて困った。一緒に時計機構まで回っていれば「忙しいビジネスマン」を気取れるのだが、文字盤だけを回すなんて自分では治せないよね、ということで近場の時計屋さんに持って行ってみた。

まず受付のお姉さんに事情を話し、ついで店長さんらしき人に同じ話をして「エンジニアが今いないので1時間ほど預からせてほしい」ということだったので「時計なしでどうやって1時間を測るんだ?スマホ見ればいいじゃん」という自問自答の後、「じゃぁ、う~ん3000円以上かかるようだったら連絡をください」と言い残してその場を退散した。5000円でなくて3000円なのが私の金銭感覚だ。

時計なしで1時間をつぶして売り場へ戻ってみると、店長もエンジニアもおらず、受付の女性に預かり証を渡すと「500円いただきます」とのこと(良心的!)。詳しい修理方法や原因などを聞きたかったのだが仕方がない。

 

           ーーーーーー◇ーーーーーー

 

しかしこの話はまだ続く。再発したのだ。1か月もたたない3月7日だった。

Coruzoderneshfted

前回よりも回り方が少ないが、そんなことで喜んでいる場合ではない。

で、また同じ時計屋さんへもっていくと、今回はエンジニアさんらしき方がいらっしゃって対応してくれた。先月の処置を覚えていたらしく、「ああ、これね」という感じで「20分後に来てくれ」という。

さすがに手慣れたもので、20分後にはちゃんと直してくれていた。今回は無料でいいという。「どうしてこういうことになるんですか?」と尋ねると「裏ブタの、え~」と、要するにはめ込みの裏蓋で文字盤を抑え込むこむようにしているのだが、そのはめ込み具合が緩くなって回ってしまうらしい。経年劣化ってことか? 「じゃぁ、また起こりますかね?」「起こるでしょうね。」

この時計を購入したのはたしか2010年くらいだったと思う。ムーブメントはシチズンなのだが、それ以外は中国製らしい。それでも2万円くらいはしたはずで、私はこれを墓場まで持っていくつもりで購入したのに、こんなことで寿命を迎えるとは。メッシュのベルトがちょっと劣化してはいるが、ガラスに傷もまだなくて薄型で針が繊細というところが気に入っていたのだがなぁ。

じゃぁ新しく時計を買わなくちゃ、ということで時計屋さんなんかでチラ見をしていたのだが、なかなかほれ込むようなものはない。そういえばこのColuso Derneという時計も当時使っていたクロノメーターみたいな時計の電池交換を頼みに入った時計屋さんで一目ぼれして買ったのだった。

新しく時計を買うとしたら、ソーラーがいいなぁ。電波時計もいいなぁ。でも薄いのがいいなぁとか思いつつ、ある時計屋さんで「こんなを使っているが同じようなものが欲しい」と相談してみると「じゃぁ、北欧デザインものですね。ウチには今置いてないんですが。」ということで北欧ものを物色することにする。すると、NordGreenというメーカーの製品が引っかかってきた。NordというのはつまりNorthなので「北緑」ってか?

 

秒針なしのシンプルなものにも気を惹かれたのだが、やはりいろいろな場面で秒針は必要になるので外せない。日付表示はいらないと思うのだが選ぶとしたらやっぱりこれかな?ということで選んだのがこれ。古いのと並べてみた。前面ガラスの保護用シールはまだはがしていない。ちなみに動画で紹介されているようには安く買えなかった。

Crusonorfgreen

同じモデルで直径40mmと36mmとがあって36mmを購入。40mmでは大きすぎる。北欧では36mmはご婦人用なのかもしれない。

付属品というか、ベルト交換用のドライバみたいなのと、竜頭に挟んであったスペーサー。このスペーサを外して竜頭を押し込むと電源が入るのだと思う。これは以前から試している「使っていない時計の電池を長持ちさせる方法」の裏付けとなるんじゃないだろうか。

Nordgreenspacer

ということなので、文字盤が回ってしまう時計は竜頭を抜いて保存ということになった。

| | コメント (4)

2021年7月10日 (土)

熱海の盛土で悩む

熱海の土石流の原因となった盛土の様子をGoogleマップで確かめてみた。画像は2021年の衛星写真と表示されている。詳しい日付についてはよくわからない。

いったいどういう技術なのかわからないのだが、衛星写真を表示している状態でControlキーを押しながらマウスを操作すると三次元画像を見ることができる(クリックすると多分拡大されます)。

画面中央の階段状になっている部分が全部崩れて、谷を下って行ったのだろうが、谷を下ること数百mの間に大きな運動エネルギーを得て市街地へ突入したものと思われる。犠牲者の皆さんのご冥福をお祈り申し上げます。

Atami_morido2021 

画像の順番が逆と言えば逆なんだが、地図上での上記の盛土と、市街地の関係はこんなふうになっている。

Atami_dosekiryu2021

翌日追記:

ニュースを見ているだけだと「盛土」と被害地との関係がよくわからなくて、地図で確認してみたらこんなに離れているところで起こった崩落が市街地にまで被害をもたらした、ということがわかった。

さらに、盛土の地点と被害地点との標高差を調べてみようと思ってGoogleEarthを起動してみた。

Atamimud

マップで見た時とは視点が違うが、この視点からだとTVでよく放映されていた「赤いビルの脇を土石流が流れる」の赤いビルがはっきりと見える。

盛土の位置: 35° 7'18.44"N 139° 4'17.06"E 413m
被害地の位置: 35° 6'51.11"N 139° 4'49.41"E 134m

ということで、高低差は280mほど。直線距離は緯度経度で計算すれば出るのかもしれないが1000mくらいだろうか。土石流が流れた経路に沿って距離と標高でグラフを描いてみると、どのへんで速度がついたのかとかわかると思うのだが、そんなことしてみても仕方がないかな。

しかし、こんなに離れたところで起こっていた土地造成の影響で、命に係わる事故が起こりうるというのは重要な警鐘だと思う。全国で盛土のチェックを行うことになるそうだが、しっかりやってほしいものだ。

| | コメント (0)

2021年7月 8日 (木)

ラミネートチューブで悩む

歯磨きのチューブは最後まで使い切りたい。特にこういうラミネートタイプのチューブには俄然ファイトがわく。

Img_20190526_091733

なので遠心力を使って中身を最後まで出し切ることを考えた。この写真で見られるように丈夫な糸を粗い網状にしてしっかりとホールドできるようにして振り回す。糸の長さは1mちょいというところで、これを秒速二回転で振り回すと10Gくらいの加速度が得られるんじゃなかったかな?

Img_20190526_091928

しかしこのようにチューブを直接振り回すと空気抵抗が大きくて回転速度を稼げない。チューブがくるくると回ってしまったりするので安定して高速に回すことがむつかしい。最高速で50回ほど回しても、チューブを開いてみるとまだまだ残っている。

Img_20190526_092208

そこで、チューブをPETボトルに入れて振り回すことを考える。とは言っても簡単な話でPETボトルの底の部分を切り開いてチューブを入れられるようにし、PETボトルに糸をかけて振り回すわけ。PETボトルの底が開かないようにテープで止めておくことを忘れてはならない。

Img_20200125_090920

これで、秒速2回転くらいは平気でビュンビュン回せる。50回から100回くらい回す。このときPETボトルは時速45kmくらいの速さで振り回されているので、その空気抵抗もそれなりのものである。本当なら糸の空気抵抗もなくしたいのだが、それはまだ対応できていない。

糸をもっと長くしたいということもあるのだが、家庭の事情で天井の高い部屋を使えないとかまぁいろいろあって1.2mくらいが限界かな。

この黄色い糸は土木工事用なのかな? 本当は昔横亜h間の東急ハンズで売られていた黒いケブラー糸がほしいのだが、当時なぜか10mくらいしか買わなくて、何でもっと買わなかったのかと今になって思うのだ。100mくらい買っておけばよかった。今、ケブラー糸を通販で探すと、なんだか編み込んだようなロープしか出てこない。仕方なくこの黄色いのを500mも買ってしまったものだからいろんなことに使わざるを得ないのだ。糸はやっぱり黒いのがいいなぁ。

ここまで使った写真は2年前のもので、写真を撮ったきり放っておいたのだった。で、今回また使用中の歯磨きチューブをPETボトルでビュンビュン振り回してどのくらいまで空っぽに近くできるか試してみた。

いくら振り回してもいよいよ絞り出せなくなった時点で、腹を裂いてみた。

Enshintube

う~ん、PETボトルに入れずに振り回した時とそんなに変わらないなぁ。むしろ直接振り回した方が絞り出せているような気もする。

この状態でチューブの重さを測ってみると17gだった。さらに水で洗って歯磨きを全部洗い流したら15gだった。

毎回こういう歯磨きを使い始めるときに全体の重さを測っておこうと思うのだが、測るのを忘れたり、測ってもその数値を忘れたりなので、今度憶えていたら、使い始める前にちゃんと測ってその値をチューブに書いておく、ということをやろうと思う。ちなみに今回絞り出したチューブは公称143gである。

 

| | コメント (0)

2021年7月 1日 (木)

ノン・バイナリで悩む

宇多田ヒカルが「ノン・バイナリ宣言」なるものをしたらしい。

それがいったい何者であるのか? というと、つまり「男でも女でもないよ」ということなのだとか。

そんなこと言われても、「ああ、そうですか」としか言えないんだけれども。

最近ではLGBTとかSDGsとかいろいろとみんな暇なのかなぁ。LGBTって、性的平等のための言葉だと思うんだけれども、LとGをなんで分けるのかわからない。Bのバイ・セクシャルについては「男のバイセクシャル」と「女のバイセクシャル」を区別しないんだから、LとGにはあんまり意味がないような気がする。

さらにはTっていうのは物理的な(身体的な)性と心の性が異なるということでこれは意味あることだと思うから、LGBTのうちで意味があるのは結局Tだけなんじゃないかな、とおもったり。

そんなところに出てきた「ノン・バイナリ」なんだけれども、これはバイ・セクシャルの対偶っていうか、あ違うな。バイセクシャルの裏側っていうか?

ということで、いまさら「私、[LGBT。NBのうちどれか]なんです。」とか言われても「はぁ、そうなんですか」とか言えないし、そもそもそんな話をするような知り合いはいないと思うなぁ。だからもうどうでもいい。

| | コメント (2)

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »