カテゴリー「映画・テレビ」の125件の記事

2018年9月30日 (日)

耳の良い怪獣で悩む

TVで予告編が度々流されているのを見て、これは出来の悪いSF映画だと思った。

Quietplace

音を出したら即死とか言っているのに、子供に音の出るおもちゃを持たせて、しかも電池まで入れてるんだから、これは設定が甘すぎるだろう、と。

しかし、他の予告編をみると、子供に年上の女の子が音の出るオモチャをこっそり渡しているシーンがあって、なるほど何かわけがあったのかな? とか思ったり、エミリー・ブラントが出ているというのはそんなに低予算な映画でもないのかな? とかも思ったり。

ということなので、台風が来るかもしれないという午前に見に行ってきた。

たしかに怖いんだけど、う~ん、あのポイントに誰も気づかなかったかのなぁ?

もしも実際にこんな怪物が現われたとして、まずやることは怪物の聴力を確認することだろう。壊されないように確実に装甲したスピーカーからいろんな周波数をいろんな音量で流して怪物の反応を見るとかするんじゃないかなぁ。

怪物自身も装甲っていうか、硬い殻を纏っているんだけれども、これは0.50口径で撃ち抜けなかったのかなぁ? 0.50でだめなら20mmとか、ミニガンとかRPGとかでなんとかならなかったのか?

まぁそれはできなかったということで、そういうことにしとこうか。しかしあの怪物の造形がいただけない 。アメリカ人の考える怪物ってまぁせいぜいこんなものだろうな。

エミリー・ブラントの熱演がいいので、まぁ駄作とか言いきるのはやめておこう。しかしblogに書くにあたって調べてみると、制作がマイケル・ベイだ。あの駄作「パール・ハーバー」を作ったやつだ。前もってこれを知ってたら見に行かなかったなぁ。

| | コメント (0)

2018年9月 8日 (土)

低予算映画で悩む

「カメラを止めるな」見てきました。こういう映画は「午後のロードショー」ではやらないだろうし、TVでの放映も期待できないような気がしたので。

One_cut_of_death

怖くて面白かった。声出して笑ってしまった。詳しいことはざっくりでも書かない方がいいと思う。

この映画はネタバレが世間に広がる前に見た方がいいです。制作には300万円かかっていないらしくて、特にアイディアが秀逸というわけでもない。要するに丁寧に作りあげたってことかな。

トム・クルーズの映画の製作費が200億円だとかいうのを聞くとバカバカしくなるけど、トム・クルーズのは笑うための映画じゃないしね。

「あ、こんなところに…」
「ポンっ!」

| | コメント (5)

2018年9月 2日 (日)

伝説の旅行ジャーナリストに悩む

新聞を読んでいたら「兼高かおる」がどうしたこうしたなんてことが書いてあった。え、兼高さん? 本人じゃないだろうから娘さんかな? と思ったらなんと本人だった。90歳らしい。

Kanetaka

兼高かおるというと、「兼高かおる世界の旅」というTV番組で世界中を飛び回って旅行番組の走りを作り上げたひとだ。1969年から1990年まで続いたというから長寿番組だなぁ。

WIKIによればお父さんがインド人だったということで、なるほどそういえばインド美人という感じはあったし、なんとなく色黒ではあるなぁと思っていたのだった。


旅行する中でJFケネディやダリと会ったりしたこともあったらしい。私も番組を見ていたはずだがそういうのは覚えていないなぁ。

1カ所1週間のスケジュールで本人とカメラマンとアシスタントという最小構成での撮影、しかもほとんどアポなしという強行軍だったらしい、よく続いたものだなぁ。

神戸の香蘭女学院出身ということで、黒柳徹子の後輩にあたるとか。じゃぁ徹子も神戸だったのか。横浜の「人形の家博物館」の館長も務めたというのも徹子の後輩だな。

ということで、懐かしい番組の懐かしい人を見つけてしまいました。

| | コメント (2)

2018年8月21日 (火)

フォールアウトで悩む

トム・クルーズのファンと言うわけではない(と、わざわざ言うのが言い訳がましい)。しかし結果としてたいていトム・クルーズ物はたいてい映画館で見てしまっている。

今回は「ミッション・インポッシブル:フォールアウト」だ。いや~、イーサン(トム・クルーズ扮する主人公)、あんたすげーよ。

たぶん2時間半くらいの映画だったと思うが、ドキドキハラハラが途切れなく続く息をつかせぬ展開で、特にバイクのシーンでは何度も体が動いてしまった。障害物をよけようとして身体をひねってしまうのだ(本当にバイクに乗るときにはこういうのはいけないんだろうけど)。

Tomonbike

予告編だけでもそうとうなハラハラドキドキだが、本編はさらにすごかった。いや~、イーサン、あんたほんとにすげーよ。

で、この投稿は先週だったか先々週だったかに書くはずだったもの。すぐに書いていればもっと長くなっていたかも。

| | コメント (0)

2018年7月22日 (日)

スピルバーグの「手」で悩む

原案を作ったマイケル・クライトンが好Jurasic_worldきだったこともあって、ジェラシック・パークのシリーズは全部見ている。つまらないのもあったけれども、だいたいスピルバーグが絡んでいることもあってか、楽しめる出来になっている。

だいたい、スピルバーグの「手」はわかっていて、

・(近い未来の恐怖を予測させて)ハラハラさせる
・(突然出てきて)びっくりさせる
・(行ってしまったと)安心させておいて戻ってくる
・子供が出てきて話をややこしく(作る側は「面白く」したつもりらしい)

今回の「炎の王国」も冷静に考えると「なんだかなぁ」な内容なんだけれども、エンターテインメントとして割り切ってみると、大変楽しんでしまった。

そもそもスピルバーグにはその出世作の「JAWS」で2度ほど椅子から飛び上がったのだが、今回の「炎の王国」では5回ほど飛んだ。

2時間をちょっと超えるということだったので3Dは遠慮させていただいた。3Dはアドレナリンが出るのか、トイレが近くなってしまうので。それに、3Dだと字幕が3D空間に浮かんで読みにくいのだった。

| | コメント (0)

2018年2月 4日 (日)

実写化された漫画に悩む

Ramtree 「羊の木」を見てきました。TVで予告編がよく流れているけれども、どう見たってハッピーエンドにはならないだろうということで人気ないだろうと思ったが、やはり封切り二日目にして劇場の入りは30%というところ。

山上たつひこの原作をある程度知っていたので、おどろおどろしい、後味の悪い映画になるだろうと思っていたのだが、映画はほぼ完全に「山上たつひこワールド」から抜け出ていて、ちゃんとした話になっていた。

原作をおどろおどろしいドタバタ・グロテスクものと捉えていたのだが、「出所した6人の殺人犯が一つに街に住む」という設定から直感的に予想するものよりはもっと深いものを見せようとしていたような気がする。

その「深いもの」が何であるのか、というのは実はうまく言えないのだが、すくなくともそういう「深いもの」の存在を暗示してくれただけでもこの映画の価値はあると思う。

ハッピーエンドかどうかはまぁ見る人に主観に依るんじゃないだろうか。私の感じ方としては「まぁ、よかったんじゃないっすか」という感じです。

| | コメント (0)

2018年1月28日 (日)

エグい映画で悩む

「羊の木」という映画の宣伝を最近よくTVで目にする。少し気になったのが「(c)山上たつひこ、(c)いがらしみきお」という表記で、これはなんだ? と調べてみると、何と山上たつひこが原作、いがらしみきお作画で漫画として出版されていたものらしい。

山上たつひこについてはひところハマっていたので、今でも思い入れはある。話の概要はTVの宣伝でだいたいわかるのだが、もうちょっと知りたい。

すると、こことかこことかで漫画の一部を読むことができる。うひゃ~、これはなんとも・・・。

これは、映画を見に行かないと、かな?

Sheeptree

| | コメント (0)

2018年1月 8日 (月)

おちゃらけスパイ映画で悩む

007映画にもちょっとしたくすぐりとか、「そんなアホな~!?」みたいなご都合主義がちらほら見られたりするが、それらをそれぞれ100倍すると映画「キングスマン」になる。

Kingsman2s 今公開されているのはシリーズの第二弾で、第一弾は数年前だったが、これは面白そうだとは思ったものの、機会がなくて見なかった。おちゃらけスパイものだという印象だけで、まぁそんなに見たいとは思わなかったんだろう。

で、今回はTVの予告編に感じるところがあったというか、他に面白そうなものが無かったというか、まぁ巡りあわせということで見に行くことになった。

事前に第一弾のDVDで予習していこうか、とも思ったのだが、あいにくDVDが出払っていて借りられなかった。

結果はまぁ面白かったけれども、感動も余韻もないというかんじで、まぁそういうものは期待していなかったんだけれども、イギリス人はさすがの屈折っぷりで英国流ジョークというのかアメリカをバカにしつつも無視できないという立場が散見される。パラシュートはもっと早くに使えよ。

サミュエル・ジャクソンも確かにちらっと顔を出していたし、エンドロールにもクレジットされていたのだが、役というほどの役じゃなかったと思うなぁ。

第一弾を見ていなかったので、重要人物が現れても、「誰?」という劣等観客だったわけだが、まぁそれなりに楽しめた。カントリー・ミュージック好きなひとならもっと楽しめたかもしれない。あの「カントリー・ロード」のシーンとかはなかなか泣けるかも。

| | コメント (0)

2017年10月14日 (土)

7つの贈り物で悩む

7giftsウイル・スミス主演だということ以外、何の予備知識もなく「7つの贈り物」という映画を見た。「午後のロードショー」を毎日録画しているので、そういうのはよくあることだ。

しかし、30分程見ても内容がさっぱりわからない。まったく話に付いていけないのだ。なんだか、じゃなくて確信的に話の本筋が隠されているのだ、ということが後になってわかる。

後半くらいになってだいたいの話が見えてきて、最後になって、「ああ、そういうことだったのか」ということで納得がいくのだが、ハリウッド映画にしちゃ殴り合いもカーチェイスもなく、銃も出てこないという地味な作りで、一体何の話なのやらという状態がしばらく続くのだ。

この映画は2008年の映画なのだが、おそらく予告編ではある程度ネタをチラ見せしているのではないか。

話自体は(全体がわかってみると)いい話なのだが、それを単純に時系列で見せるんじゃなくて(それではつまらないので)、より一層の感動を与えるための編集がこの監督の手腕ということなんだろうけど、なんだか素直に受け取れないなぁ。

つまり、予告編も前提とした編集を含めて作品としているんじゃないか、というのがひっかかるのだ。予告編を見ずに本編だけを見た私の30分(導入部)を返してくれよ、とも思うが、まぁお金払って見ているわけっでもないので、それは言えないな。

というわけでこれが予告編。本編を見た人はどうすればこの話をより感動的に映画化できるか考えてみてほしい。私には正解はわからないけれど。監督はガブリエレ・ムッチーノというはじめて聞く名前。

| | コメント (0)

2017年9月 9日 (土)

リアルな戦争映画で悩む

TVで放映されている予告編を見て「ダンケルク」を封切り初日に見てきた。混むかなと思ったが全然そんなことはなくて、13時過ぎに始まる回でも半分くらいの入りだった。TVの予告編が重すぎたのかなぁ? 実際重いんだけど。 下手したら実際に戦争が起きるかもしれないという緊張感で戦争映画を受け入れないんだろうか?

戦争映画なので当然悲惨なシーンとカもあるし、そういうところはリアリティをよろこんでばかりもいられないのだけれども、実際に銃声で席から飛び上がったりもしたのは話の持って行き方もうまいんだろうな。

で、当映画を私(わたし)的にまとめると、これが主役ってことになる。英国空軍のスピットファイアだ。ほら、ちゃんとレッドカーペットに乗ってるし。あ、乗ってはいないのか? 遠慮したのか?

Dunkirk_spitfire

いやもう、だって飛行機出てくる映画が好きなんだもん。それにその、リアリティがすごくて、本当にスピットファイアに乗って空中戦したらこんな感じなんだろうと思えるシーンが何度もある。

今まで空中戦を描いた映画というと、「レッドバロン」が一番だと思っていたのだが、これはもう一次大戦の複葉機の空中戦だったし、もうちょっと現代的でリアルなのを見たいと思っていたのだった。でもジェット機は速すぎてみて楽しめないという文句の多い客だったりするし。

スピットファイアの着水シーンは予告編でも出ているので、こういう写真を出してもネタばれにはならないよね。まぁ、この写真はある意味象徴的な写真ではあるのだが。

Dunkirk_spitfire_on_sea

でも、飛行機ばっかり見ていたわけではなくて、最後の方のチャーチルの言葉にはさすがにジョンブル魂というのか、そういうものを見せられてジーンとしたりもしてますよ。はい。

翌日追記:

スピットファイアを使っての撮影についてはすでに詳しいレポートがある。

| | コメント (5)

より以前の記事一覧