カテゴリー「音楽」の424件の記事

2018年6月24日 (日)

今井美樹のビブラートで悩む

今井美樹が映画の主題歌を歌ったということで、「あなたはあなたのままでいい」という曲を聞いた。聞いてアレレと思ったのが妙にビブラートがうまいということだった。この人はなんとなくノンビブブラートで歌う人だと思っていたので、これは意外だった。「PRIDE」の大ヒットはもう20年以上前ンことだったから、その間にトレーニングしたのだろうか?




で、Youtubeで昔の「PRIDE」を聞いてみると、案外にビブラートがかかっている。うむう、そういう歌手だったっけか? むしろ素人っぽさを売りにしていた人だったと思っていたのでそれも意外だった。

で、考えたのが、ひょっとして信号処理して人工的にビブラート使ったんじゃないの?昔の録音も、スタジオ録音だとデジタルで処理した可能性がある。いや、それが悪いことだとは思わないんだけれども。

で、今井美樹のライブ録音をいくつか聞いてみた。これはミュージックフェアに出演したときの録音で、比較的ノンビブラートと言えるんじゃないか、という歌声。少なくともスタジオ録音の「PRIDE」や新曲のビブラートとは違っている。この動画はYoutube登録が2009年で、正確な録音時期はわからない。


でもそういうビブラートマシンというのがデジタルで可能だとすると、ポータブルなものもあったりするんじゃないだろうか?

「ビブラートマシン」でYoutubeを検索するとこんなのが引っ掛かってくる。これは面白いが、今回のテーマからはちょっと外れている。


Soundhouseで検索してみるといくつか引っかかってきて、「Behringer Ultra Vibrato UV300」なんてのは3000円くらいで買える。高いものでも2万円とか。

これらはたいていギター用なので、ボーカルに使うにはちょっと無理があるかもしれないが、マイクをつないで、専用のオペレータを貼り付ければ歌手にとっては強い味方になるのかもしれない。


しかし、歌手にとってビブラートってそんなに重要なものなのかなぁ? うまい歌手が歌うとロングトーンの終わりあたりで自然にビブラートがつくというが、それって必須なのかなぁ?

「うまいひとならビブラートがつく」⇒「ビブラートを付けるとうまいように聞こえる」というふうな論理のすり替えが行われているような気がしなくもない。

そんなわけなので、今井美樹が素で歌っているところを見てみたいものだ、と思うわけです。

| | コメント (0)

2018年6月17日 (日)

ジャズ漫画で悩む

ジャズを題材にした漫画があるということは知っていた。「Blue Giant」というその漫画を楽器店に平積みされているのを見たことがあったし、それについてだれかと話したことも一度はあった。でもそれほど興味は惹かれなかった。きっとありがちな設定でありがちな展開なんだろうなと思ったのだったと思う。

その漫画のことはずっと忘れていたのだったが、先日横浜は白楽のBlueSettでカウンターに並んでいるのを見て、つい手に取ってしまった。そこには全巻そろっているような感じだったが、私が手に取ったのは第3巻だったと思う。最初のほうは飛ばして勢いが出てきたあたりから読もうと思ったのだ。

その場でライブを聞きながら第3巻から第5巻まで読んでしまった。ライブを聴く態度としてはリラックスしすぎだが、まぁ仕方がない。ご無礼ご容赦。

そこで読んだのは、仙台の高校生がテナーサックスでジャズを志して東京へ出てくるというありがちな話だったが、仙台で彼を指導していた男が「彼は私が持っていないものを持っている」と語るところがあって、そのセリフの背景を知りたいと思った。

で、アマゾンなんかで探してみたのだが、安いと思ったKINDLE版が意外と高かったり、安いと思ったら物語に関連したジャズの実際の録音のコンピレーションだったりするし、そのうちに「Blue Giant Supreme」というバージョンもあることがわかって混乱する。

で、書店で「Blue Giant」の第1巻、第2巻、Supremeの第1巻をみて、Supremeというのが主人公の海外進出をテーマにした別物であることが分かった。なので国内版「Blue Giant」の第1巻、第2巻を購入した。

Bluegiant_1_2

Bluegiantbookmark おまけに栞が付いてきたが、形が非定型なので、微妙に使いにくい。

第1巻と2巻を読んだので、事の成り行きはわかった。そのあと東京でどんなふうに育って行ったのか、というのにも興味はあるが、それほどでもないので第何巻まであるのか知らないがそのあとはもう読まなくてもいいかな。

それよりもSupremeの方に興味がある。なんでも何の伝手もなくドイツに行くんだそうで、そちらの方に興味がある。

たまたまYoutubeで検索してみたら、Supremeの第1巻~4巻までuploadされていた。いいのか?

まぁありがちなテーマで、ありがちな展開ではあるんだけれども、国内編、ドイツ編ともに楽しく読めた。面白かった。

Supremeの第1巻へのリンクを埋め込んでおくけれども、これは削除されるかもしれないので読むなら早めに。ちなみにSupremeの第4巻は私が見たときには再生回数6回だった。

| | コメント (3)

2018年5月19日 (土)

ザ・ピーナッツ特集で悩む

先月のことだが、熱を出してしまってグダグダとTVをザッピングしていたら衛星放送:BS-TBSで「ザ・ピーナッツ2時間SP」というのに遭遇。あわわわ、とか言いながら途中から録画しながら拝見した。

選曲はいわゆる「洋楽」なんだが、こうやって連続して聞くとそういう曲の大半をザ・ピーナッツの声で聴き覚えたように思った。ザ・ピーナッツは静かに私の中へ浸透していたのだ。

ザ・ピーナッツの大ヒット「恋のフーガ」は宮川泰の編曲なのだが、その編曲よもやま話に加えて、ご息子である宮川彬良が当時の生楽譜をチラ見せしながら解説したり、さらにはもちろんあの「モスラ」もあり~のという大サービスで、ファンでなくてもファンになってしまったような気持ちになってしまう。

大サービスはまだまだ続いて、洋楽26曲メドレーという大作も披露された。26曲というとさすがにザ・ピーナッツだけでは荷が重かったのか、中尾ミエと伊東ゆかりがサポートする。


ザ・ピーナッツの音楽番組と言えば「シャボン玉ホリデー」だが、それに加えて「サウンド・インS」も取材されていて(そういえばこの番組もTBSだったか)、当時から気になっていたダンサーの名倉加代子さんのインタビューなんかもあったのがうれしかった(上のビデオに収録されている)。

当時の音楽番組は今と違ってTV局の力の入れ方が違うっていうか、30分番組を収録するのに5日かけるなっていうのは今のTV局にはできないらしい。

で、この番組の話を某音楽プロデューサーさんにお話ししてみたところ、「それは惜しいものを見逃した!当時の番組って個人で録画できない頃だったから、なかなかないんだよね。」というふうなことだった。

そんなこともあって、この録画は大事に保存していたつもりだったのだが、どうした拍子にか削除してしまっていた。これは悲しい。再放送はないだろうかと探すが、そんなに都合よく再放送なんかしてくれないし。

とか思いつつダメもとでYoutubeを探索してみると、なんと10数分ずつに分けられてuploadされているではないか。上のビデオはその一部だが、関連ビデオをたどっていくとおそらく2時間分を楽しめるはずだ。

ザ・ピーナッツのお姉さんの伊藤エミさんは沢田研二と離婚した後2012年になくなった。妹の伊藤ユミさんは独身を通して2016年に亡くなった。

| | コメント (0)

2018年4月16日 (月)

セクシーなバス停で悩む

浅野ゆう子が結婚したらしい。

この人は神戸出身ということもあってデビューのころから気にはなっていた。

「セクシー・バス・ストップ」なんで今では誰も知らないかもしれない。この曲はデビュー曲だったのかそうじゃなかったのか、よく覚えていないがいい曲だと思ったし、今でもそう思っている。


確か、この曲は「アメリカでヒットした曲を日本化した」という触れ込みで、実は筒美京平が作ったりしていた、というトリッキーな売り方で、私も当時はそんなふうに(外国製であると)信じていた。

実際、そのトリッキーを補強するためにこんな曲をリリースしていたのだ。


浅野ゆう子は13歳でデビューだったんだなぁ。背の高い娘というのが第一印象だった。そんなゆう子さんもご結婚だということで、おめでとうございます。

| | コメント (0)

2018年4月15日 (日)

他人のギター改造で悩む

このおじさん、気に入った!

このギターを見て私も同じようなことを考えていたので、この動画は楽しく拝見させていただきました。って、こういうギターを持っていないんだけど。

「積分して」のところで笑わせていただきました。で、結局水を入れて容量計算するというところも面白い。

板を水に漬けて曲げるというのは、私もやったことがあるテクニックだ。

スピーカーがフォステクスだとか、電気系部品を秋月で購入というのも好感度大だなぁ。でも私だったらもっと安く作るだろうな。

電池ボックスが後ろに張り出すのは減点。私だったらバスレフポートなんか無くしてあのスペースに電池を入れたい。

| | コメント (0)

2018年3月11日 (日)

最新映画音楽で悩む

「リメンバー・ミー」というアニメ映画の宣伝をよく見る。その主題曲「REMEMBER ME」というのを聴いて、どこかで聞いたようなフレーズだなぁ、と。

こちらは私が5年ほど前に作った「Understand Me」という曲で、まぁタイトルの音節数が同じで、最後が「ミー」という共通点があるためか、曲の入りがちょっと似た感じになっている。


                    
:Understand Me

曲の最後にタイトルを繰り返すのも同じだが、映画音楽のほうが途中の展開の手が込んでいる。

まぁそれだけの話ですわ。

| | コメント (4)

2018年3月 4日 (日)

リサイクルLPで悩む

リサイクルショップでアナログレコードを買った。

トゥーツ・シールマンスのライブって珍しいと思ったのと、ベースにペデルセンがクレジットされていたからだった。

もう一枚「ゲッツ・ジルベルト」を買ったのは、この名盤というか問題盤を持っていなかったような気がしたからだ。よく探せばあるのかもしれない。CDで持っていることは間違いない。


Toots_lp

で、聴いてみて驚いたのだが、ペデルセンがどこかで聞いたことのある演奏をしている。曲は「My Little Suede Shoes」だ。

Youtubeで調べてみると、ペデルセンはケニー・ドリューとの「Duo」でこの曲を演奏しているのだった。この二人のDuoやアルバート・ヒースをドラムに迎えたトリオでの演奏は一世を風靡していたから、そりゃ聞いたことがあるはずだ。


アナログ・レコードがCDやデジタル音源よりいいのか?ということについては私にはよくわからない。でも、LPレコードをセットしたり、回転するレコードにピックアップをそぉっと乗せる緊張感ってのは、やっぱり悪くないものだと思う。

| | コメント (0)

鼻笛で悩む

犬も歩けば棒に当たるというが、私も楽器屋に入ると何やら怪しいものにぶち当たることが多い。

今回はこれだ。「Nose Flute」と書いてある。つまりは鼻笛。

Noseflute1
横浜ヤマハに2種類おいてあって、ひとつには1000円という値段札が付いていたが、こちらの方には値札が付いていなかった。レジで聞いてみると432円ということだったので買っちゃったわけだ。もう一つのほうは一まわり大きくて少しだけカッコイイ。変な楽器のサイトに「ボカリナ」として紹介されているので、そちらを見ていただきたい。

こちらを選んだのは上の写真にも写っている小さな穴がなにか機能するんじゃないかと思ったからなんだが(オクターブとか、ビブラートとか)実際に吹いてみると関係なかった。紐でも通してぶら下げるんだろうか?

Noseflute2 これが裏側。上のほうを鼻に当てる。

説明書によれば「鼻と口にピッタリ合わせろ」みたいなことが書いてあるが、実際には花にはピッタリくっつけることが必要だが口の方はそうでもない。

音域は口笛よりも狭い。まだ安定して吹けないということもあるがC~C~Eの1オクターブ半というところ。

これが2オクターブ以上確実に出せるようになると、ちゃんとした楽器として使える。音階も自由自在だから、ジャズを演奏できる最安値、最軽量(3.5g)な楽器になる。

これまで、スライドホイッスルでセッションに参加させていただいたりしていたが、こちらに乗り換えるかも。

しかし、これを演奏している風景はなかなかにマヌケなようで、「みっともないから人前で演奏するな」と言われてしまった。え~、そうかな~?でも自分から見えないからいいんじゃないのかな?

で、音域も確かめないうちに演奏を録音してみた。キーはいつものBbだ。一発撮りなので最初と最後でスキルが変わってきている。演奏しているうちにうまくなっていくのだ。音質をおとして3コーラス録音した。1分半ほど我慢していただきたい。



鼻息って意外と続かないものだし、何と言ってもタンギングできないのがなかなかに苦労するところだ。でも面白い。

3月11日追記:

すっかり忘れていたが、鼻笛でもやはり腹式呼吸は必要だったのだ。ただ、肺から鼻へは間に調整する部分がなくて直結なので、腹式呼吸の場合にはお腹で勢いを調整しないといけない。これはなかなか難しい。肺呼吸のほうが簡単で、ついつい肺呼吸してしまうのだ。

鼻笛の音域を広げようとして、音を出す部分に透明テープを貼ってみた。これはいわゆるセロテープではなくてスコッチ社の透明テープというもので、経年劣化が少ない。

Noseflutemodified

こんなふうに改造すると、ちょっと吹くのにコツがいるのだが上のCまで出るようになって、音域が2オクターブまで広がった。

| | コメント (0)

2018年3月 3日 (土)

目新しいギターで悩む

普通のギター普通でないギターも持っているので、ギターに関しては間に合っているのだが、それでも新しいギターが欲しくなったりするのがヲタク気質というものだろうか。

暇があると楽器屋へ行っては目新しいものが無いかと物色するのだが、もう大抵のものは見ているし、その上に楽器フェアにもここ10年以上欠かさず行っているという熱心さだから目新しいものとか一目ぼれするようなものはめったにない。

今日も久々に横浜あたりを歩いてみたのだが、ちょっと目新しいギターというとこんなのがあった。

VOXと言えばギターアンプのメーカだと思っていたらギターも作ってたのか。
Vox_guitar
ボトムにストラップピンが二つ付いていて、スタンドがなくても立ちやすいとかいうことがあるのかな?

このギターで思い出したのが、普通でないギターを作るのが得意なTravelerGuitarの新製品で(新製品紹介のメールが来るのだ)、TravelCasterというこんなやつ。なるほどCasterね。

Travelecaster

冗談みたいだが、冗談でなくて本気で作っているというのは拡大してみるとわかる。

Travelcaster2

面白いけれども、欲しくてたまらん、というほどでもないかな。コードをストロークするような使い方なら問題ないんだろうけど、右ひじでボディを抑え込めないのはつらいなぁ。

Epiphoneea こちらは今日、石橋楽器で見つけたエピフォンのエレアコ。サウンドホールのあるエレアコなのにテールピースがあるアーチトップという変なギター。

エレクトリックだがボディ上にはボリュームなどのコントロールがなくて、どこにあるんだろうと思ったらサウンドホールのネック側の上(演奏用に構えたとき)の内側にあった。

同じシリーズで普通のアーチトップっぽい商品もあって、そちらでは下側のf穴のところにコントロールが隠れている。面白い。でも、いらない。

では、どういうのが欲しいのかというと、軽くて小さいフルアコ。具体的に言うとEpiphone CASINOみたいなので軽い奴。

とか言ってると、EpihoneがCoupeとかいう一回り小さいのを出してきた。これはいいんだけど、メーカーがEpiphoneというのがなぁ。

CASINO_Coupeの元ネタであるGibson_ES339は最近のモデルではセミアコになってしまったので、339の古いモデルをフジゲンあたりで復刻してくれないかなぁ。

Casino_coupe これがカジノ・クーペなんだけど、もらえるなら赤いのがいいなぁ。どうでしょうサンタさん?(季節外れ)


で、結局石橋楽器でギター用スティッカーを買ってケータイに貼り付けました。保護用シートを剥がす前に記念撮影。

Eaglesticker
翌日追記:


書き忘れていたが、石橋楽器で面白いものを見つけた。YAMAHAのTransAcoustic SYSTEMというもので、要するにアコースティックギター内部にリバーブとコーラス機能を組み込んでしまうもの。

これはもともとYAMAHAがピアノ用に開発した技術だということだが、ギター内部で音を拾ってそれをデジタル加工し、スピーカーではなくてトランスデューサーでギターを振動させるというもの。

これは麻薬的な魅力があると思う。以前に楽器店でRolandのAC60という「アコースティックギター用アンプ」を使わせてもらったことがあるのだが、これにはハマった。本当に麻薬的に気持ちイイ(いや、麻薬を使ったことはありませんが)。

この麻薬的な経験をアンプなしでギターだけで体験できるのはすごいと思う。試奏用のギターがあったのだが、おじさんが占有していて試せなかった。

なのでYoutubeの動画をご紹介。

| | コメント (2)

2018年2月25日 (日)

スペイン製中古ギターで悩む

Pacocastillio201

リサイクルショップでスペイン製の中古ギターを見つけたのは先月のことだった。スペイン製のギターにはちょっとした憧れみたいなものもあったりしたのだが、16,800円という中途半端な価格がちょっと気になった。

こういうガットギターは安物しか持っていないので、もうちょっとまともなものが欲しいとは思っているのだ。

2週間ほどして、もう売れちゃったかなぁとか思いながら見に行ってみると、まだ売れていなかった。状態は良いようだったが、「1/2サイズ」とか書いてある。いやそんなことはないだろう。見た感じとてもそんなサイズには見えないぞ。

とりあえずメーカー名と型番を記憶して、自宅で検索してみる。「Paco Castillio」というブランドの201というもので、黒沢楽器が多量に輸入しているフラメンコギターの入門モデルらしい。213というのが普及モデルらしい。

で、弾かせてもらう。
楽器店だったら店員さんがチューニングしてくれたりするのだが、ここはリサイクルショップなので自分でチューニングする。チューナーを貸してくれるのは親切だ。

2弦を締めあげていくときにちょっと引っかかりがあって気になったが、糸巻自体には摩耗もないので問題ないし問題あっても簡単に交換できる。

音を出して見ると、思ったよりも軽い音と、いうか明るい音だなぁ。中音域が物足りない感じがするが、フラメンコみたいな使い方をするにはこういう音がいいのかもしれない。

ボディのなかをのぞき込んでみると、「7/8」と書いてある。なるほど、誰が何を勘違いしたのかわからないが、1/2ではなくてボディサイズが7/8ということなんだろうな。

そう言えばちょっとボディがスリムだな。ボディの厚さも普通だし、弦長も650mmだから1/2なんていう要素は全くないのだった。

で、改めてボディその他をじろじろ眺めてみると、細かい傷もない、まったく綺麗なものだ。

そう言えば指板に手垢もないし、弦も新品だ。ひょっとしてこれ新古品?

ここまで出来になったのは糸巻の引っかかりだが、まったくの新品ならそういうこともあるかもしれない。ちなみに弦のサドル側の処理は手慣れた職人仕事という感じだった。

弾いていくうちにどんどん音程が下がってくるのも新しい弦ではよくあることだ。楽器屋さんならギターの来歴とかを聞いてみるところだが、リサイクルショップの店員さんがそれを知っているとは思えないので聞かない。

で、ネックの反りをチェックする。この方法は何と呼ぶのか知らないが、弦を定規のように使って弦の振動具合でネックの反りを見ようというわけだ。

図示するとこんな感じ。
Neckcheck

ネックが逆ぞりしていると、ベチとか言って弦が振動しない。かといって弦が盛大に鳴るというのは大きな順反りなので、あまりうれしくない。

チェックの結果はかなり盛大に鳴っていた。しかし、弦高はそんなに高くないのでフラメンコギターというのはそういう作り方なんだろう。ネックを透かしてみると、弦高は低くないものの、ローポジションでは指に負担がからないようになっているんだろう。

とかいう感じで、わりといい感じだから買ってもいいかな? という気持ちにはなっていたのだが、最後に大きな音を出して見ようといろいろなポジションで最大音量を出してみると、5弦5フレットあたりでビビリ音が出ることを発見。ほかにも4弦5フレットあたりでもビビる。

これにはちょっと興ざめだ。そんなに強くピッキングすることはないだろうとは思うけれども、何か共振点があるのかもしれない。そう言えば音が軽いと感じたのも高音域に共振点があるからかもしれない。

などなど考えていると、ほぼ新品に近い製品がこんな値段でリサイクルショップに並んでいるということにもなにか原因があるのかな? と疑心暗鬼になってしまって、まぁ今回は見送りかな、と。

ちなみに、帰宅してウチの安物ギターで強いピッキングを試してみたけれども、ビビることはなかった。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧