カテゴリー「音楽」の100件の記事

2019年3月19日 (火)

ベテランのライブで悩む

峰厚介(ts)はベテランのジャズミュージシャンである。学生時代にはこの人のLPを買ったりもした。「ダグリ」だったかな。

当時はバリバリの主流派だったと思ったが、一時期は「Native Son」なんていうフュージョンバンドをやっていたりもした。私の記憶ではMaxellのカセットテープのCM音楽に使われていたんじゃなかったかな。CM音楽として覚えている人もいるかもしれない。


日本のミュージシャンの中でも、峰厚介といえばナベサダの次の次の世代を代表するポジションじゃなかっただろうか。

そんなベテランのライブを見に行こうと思ったのは、ジャズを聴いてみたいという人がいたからだった。彼は普段ほとんどジャズというものを聴いたことが無いらしい。そういう人がどういう反応を見せるかというのにも興味があった。

普段私が聞きに行くライブといえばドラムレスだったりデュオだったりという、どちらかといえばミニマルな感じの構成が多いので、こういう正式なクインテットは私自身も久しぶりだったりする。

Mine5

峰厚介クインテットの演奏は、フュージョン色のまったくないバリバリのジャズだった。再syの曲がハンコックのドルフィンダンス、他の曲もジョー・ヘンダーソンとかウエイン・ショーターの曲だったりと、かなり攻める感じの選曲だった。

まぁここではライブレポートをやるつもりはないので、では何の話かというと、演奏が始まる前にバンドメンバー席から聞こえてきたこんな会話のことなのだ。

「だからさ、13thってのはCm7の正式なテンションじゃないわけで…」
「CM7と、C7とはまったく違うコードだっていうのと同じで…」

まぁどちらもそれなりに納得のできる話ではあるのだが、こんなベテランバンドがこんな話をしているっていうのはなんとも新鮮だったなぁ。誰がこれらのセリフをしゃべっていたのかはわからないが、たぶん峰厚介じゃなくて、ピアノの人だろうな。

演奏は、ざっくり言ってすごくよかった。テナーは説得力があるし、ピアノは変幻自在だし。同行した彼にも楽しんでいただけたようで、よかった。

| | コメント (0)

2019年3月17日 (日)

ライブレポートで悩む

3月16日は横浜元町のJeremy's Cafeで赤松さん(vib)と酒井さん(fl)のライブだった。takiさんから「ライブレポートをよろしく」ということなので、レポートしないといけない。

ライブ開始は13時。事前にアサコさんから「食事は出せないから食べてきてね」などの丁寧なご案内があったのでその通りに食事してから行く。

会場には30分前に到着して、知り合いがいるかと見ていたが誰もいなくて、アサコさんが挨拶してくださったのが唯一の慰めっていうか。時間があったのですでにセッティングが済んでいるビブラフォンの写真など撮ってみた。

Akamazpedal VibはMUSSORだが、やはりモーターは取り外してある。何枚か撮ったうちのペダルだけをここに掲載しておこう。

お客さんは27名ということで狭い会場にぎっちぎち。皆様はフルート業界の人たちなのか、あちこちで「あ、会長お久しぶりです。」とか「おお、師匠!こんなところで!?」などという声が聞こえる。

「第7回のライブにようこそ。今回が最後のライブになります。ライブはMC無しの1時間です」ということで13時早々にまったくMCなしのライブが始まる。「演奏中の写真やビデオの撮影はご遠慮ください。ということだったが、私はすべに会場やらVibの写真を撮ってしまっている。まぁ黙認ということにしていただこう。

Jcafelive
最初の曲はええとこの曲は何だっけ?確かによく聞いた曲なんだが曲名が出てこない。

そういう場合はたいていその曲の記憶をたどって楽器構成から演奏者とかアルバム名を思い出して…というふうになるのだが、目の前で演奏されているからか、記憶をたどれない。おかしいなあ、普通はそんなことないんだが。

結局その時は曲名を思い出せなくて、あとから「スパルタカス愛のテーマ」だと思い出した。

続く曲も聴いた曲なんだがやはり曲名を思い出せない。これじゃぁライブレポートをかけないなぁ、とプレッシャーを感じつつ聞いていたのだが、考えてみるとフルートとビブラフォンのデュオというのは初めてかもしれない。

ビブラフォンでどういう伴奏されるのかを見ていたのだが、ピアノの伴奏とは違って低音部でベースラインを紡ぎ出すということはせず、むしろギターのようにコード主体、それもルート抜きでテンションでコード感を出すというやり方のようだった。

考えてみると赤松さんもBバートンのように4本マレットなので、ギターでの4on6(6本の弦の上を4本の指が動く)のように4on37(4本のマレットが37本のバーの上て動く)というふうに考えれば、ギターのような動きになるのは納得ではある。

曲はどんどん進んで、二人で2曲演奏した後フルートソロとVibソロが一曲ずつ。そのあとまた二人で2、3曲演奏したのだが、曲名を思い出せたのは最後の2曲だけだった。その2曲は「亡き王女のためのパバーヌ」と「Straight No Chaser」だった。最初と最後の曲はやはりEvans/Steigのアルバム「What's New」にちなんだものなのだろう。

「Straight No Chaser」は赤松さんの崩したテーマで始まり、酒井さんがそれに絡んでテーマの崩しあいゲームのようになり、これはひょっとしてフリー・インプロバイゼーションになるのかと思ったが、インテンポになったところで原曲通り12小節ブルースになってしまってちょっと残念だった。

ライブが終わってからアサコさんに「K岩君は来てないんでしょうか?」と聞いてみたが、彼は個々のイベントにはたいてい参加するのだが今回だけは珍しく別の予定が入ったということだった。

ライブが終わって赤松さんと少し話をさせて頂いた。共通に友人であるtakiさん話に始まって、ジェレミーの話など。ラリー・コイエルの話もしたかったがそこまで話を広げるには時間が足りなかった。

で、赤松さんの最新アルバムを購入させていただいて、赤松さん・酒井さんのサインをいただいたのだった。

Synonim

最後に赤松さんのVibについていたLOGOっていうか。「Keep Swinging」と書いてある。

Akamazlogo

| | コメント (2)

2019年3月 9日 (土)

女性ベーシストで悩む

女性ベーシストの注目株と言えばエスペランサ・スポルディングだと思っていた。ウッドベースの弾き語りっていうのはなかなかのものだ。



しかし、この動画を見て私はぶっとんだ。カッコイイイー! 何曲か演奏しているが、一曲目のエンディングなんかもカッコイイ。1弦だけでのアルペジオっていうか、見たこともないようなテクニックを持っている。

この人はMohini Deyというインドはムンバイ出身の23歳(1996年生まれ)。いやはや、男女関係なくこんなベーシストは初めて見た。

この人のテクニック満載の動画がこちら。オケを使った曲に入ると前の動画と同じ曲になる。


若い時の動画がこちら。おそらく上の動画の2,3年前なんじゃないだろうか。ヘアスタイルだけで判断しているんだけど。


この人はどうやらいわゆる正規の音楽教育を受けていないんじゃないかという気がするのも好感点。ただ、英語に全然インドなまりがないのでアメリカ育ちなのかな、とは思う。

で、この人がB'zのサポートメンバーとして今年日本で活動するらしい。これは楽しみだ。

翌日追記:

なんとDave "千手観音" Weckle (d)と共演しているぞ。一緒に演奏しているバイオリニストやギタリストとはインドでバンド活動をしていたらしい。SARAWATIというのがバンド名なんだろうか?

曲は最初に引用したビデオの2曲目でタイトルはわからない。冒頭のリフはペンタトニックだろうなとは思ったがなんとなくインドの香りがする。音を採ってみるとDmペンタでF#を使っているのが「インドの香り」の正体であると判明。

| | コメント (0)

2019年3月 4日 (月)

Jeremy's Cafeのライブで悩む

Jeremy Steigカフェに寄ってみた。営業日が不定期だと思っていたので心配だったが、要するに月曜火曜がお休みで、水曜日は午後からだったかな。ただしカフェの営業は9月末で終了する。

というふうな話をジェレミーの奥様のアサコさんとお話しした。カフェに展示しているジェレミーの絵が順調に売れて、9月ごろには売りたいものがほぼ売れてしまうらしい。

ということなので、また絵を購入させていただいた。

Jeremy_color

この絵で2万円。安いと思う。作風がいつものジェレミーとは違っているが、私の勝手な思い込みではきっとジェレミーは最終的にこういう絵を描きたかったのだと思う。

ついでなのでTシャツも買った。この右側のほう。背中側にもちょっと模様がある。

Jeremy_tshirts

Tシャツを購入するとこんなパッケージに入れてもらった。パッケージが素敵すぎて捨てられない。

Jeremy_ts_package

ところで、3月16日にこのカフェでライブがあることは知っていたのだが、私が知った時にはもうすでに満席になっていた。その話をアサコさんとしていたら「キャンセル待ちのリストに載せときましょうか?」ということだったのでお願いした。数日後にメールが入ってキャンセルが出たということだったから二つ返事で予約した。

このライブにはtakiさんとお知り合いの赤松さん(Vib)も出演なさるということなので、楽しみなことである。





| | コメント (2)

2019年1月27日 (日)

出戻りギターで悩む

Returnedguitar面倒くさいので詳しくは描かないが、長年里子に出していたギターが里帰りというか、出戻ってきた。

思えばこのギターを入手したのは13年前、オークションでだった。その後、もともとは鉄弦エレアコだったのを無理矢理エレガットにしたのは、私がエレガットのことを何にも知らなかったからだと思う。

よくこんなギターを持って人様の前で弾いていたりしたものだと思うが、そういえば「面白いギター弾いてますね」なんて言われたのも、あれはきっと揶揄されていたんだろうな。その時には気が付かなかったけど。

戻ってきたこのAPX-6(どうもこのシリーズはもともと長淵剛をイメージして作られているらしい)をいろいろと手入れしてまた弾いてみたりしているのだが、ネックの剛性が高い感じが強いのと、一弦の弦高の低さが気になった。

弦高に感してはネックのロッドを調整しようと思ってはいるのだがなかなか手を出せないでいる。

考えてみると、このギターは実にいろんなことに使える。もともと長淵剛計だったこともあって、コードのストロークもできるし、音色を変えればロック的な使い方も、ガット的な弾き語りにも使える。それにジャズもできなくはない、という面白いギターだ。

そんなギターに誰がした? というとこれはもちろん私なので、今後も可愛がってやろうと思っておる次第です。

| | コメント (0)

正月の音楽番組で悩む

正月のTV番組編成では各局が普段と違う番組をぶち込んでくれることがあって、そんなときに見逃したような音楽番組を放送してくれることがある。

今年はこういうのを見た。
1) 辻井伸行×アイスランド
2) 坂本龍一 「GLENN GOULD TOGETHERING」
3) RYUICHI SAKAMOTO:CODA
4) RADWINPS 「18祭」

1) 辻井伸行×アイスランド
盲目のピアニスト 辻井伸行がアシュケナージ率いるアイスランド交響楽団と共演するためにアイスランドを訪れるという話。アイスランドの自然と親しんだり、現地のミュージシャンとセッションしたり(よりによってサマータイムとか)、現地の前衛的なグループともセッションしていた。

私の興味のひとつは、オーケストラを指揮するアシュケナージと辻井伸行がどういうふうにコミュニケーションをとるか、ということだった。ピアニストは普通、演奏中に指揮者をガン見したりはしないが、それでも視界の一部で指揮者の動きを見ているんじゃないかと思う。辻井君にはそれができないので、アシュケナージが操るオーケストラを介してアシュケナージの意図を感じ取り、それに反応するんじゃないかと思った。

なので、耳を凝らして演奏(ショパンのピアノ協奏曲)を2度聞いたのだが、そういうコミュニケーションの動きは残念ながら読み取れなかった。

2) 坂本龍一 「GLENN GOULD TOGETHERING」
坂本龍一がGLENN GLOUDへのオマージュとして他の何人かと一緒に演奏をささげるというコンサートなのだが、正直言って私はGlenn Gouldの偉大さがいまだによくわかっていないので、私には全然響かなかった。まぁ、それを確認するために見たようなものなんだけど。

3) RYUICHI SAKAMOTO:CODA
これはNHKが坂本龍一に密着取材して作った番組で、津波で水浸しになったピアノを弾いてみたり、昔のYMO時代の映像が流れたりというなんかはっきりしない番組なのだが、気になったのは作曲をするシーンで素数一覧表を見て何やらやっていたことで、どうも素数から周波数を計算していたようだった。坂本もボソボソいうのが良く聞きとれなかったりするし。

素数なので音として協和しないところを狙っているのかもしれないと思うが、そういうアプローチはどうかと思うなぁ。以前には「ASYNC」なんてこともやっていたが、あれもどうかと思うぞ。

そういえば、この番組の中で先の2)を一部参照していた。

4) RADWINPS 「18祭」
これはたまたま見たもので録画できなかったのだが、きっとYoutubeにあるだろうと思ったらやっぱりアップされていた。18祭というのは18歳の男女をオーディションで1000人集めて、RADWINPSと一緒に演奏するというものだった。
万歳千唱:

正解:

正直に言うが、この「正解」を見て私は泣いた。

| | コメント (3)

2019年1月 7日 (月)

ギター工場で悩む

年末年始は病人が出たり、自分自身も調子が悪くなったりして、ほとんど出歩かなかった。するとTVとYoutubeの番をすることになって、「犬も歩けば棒に当たる」ということになる。

以前から興味があった、ギター工場の見学というのを実際に行くのではなくてYoutubeである程度体験できるというご時世なので、気になっているメーカーの工場をちょっと見てみようかと。

■Epiphon

エピフォンはもともとGibsonのコピーメーカだったが、その品質をGibsonに認められて「正式な」コピーメーカーになったらしい。とはいえ、Gibson自体が破産してしまったし、そもそもGibson自体の品質がここ10年ほど低下しているので、「正式なコピーメーカー」というのがどういう意味を持つのかはよくわからない。

しかし最近気になっているEpiphon Casinoがどんなふうに作られているのかということを知りたかったのでこの動画は興味深く拝見した。中国の青島工場での撮影である。


この製造過程で気になったのは、

1) フレット打ちを機械化している。

2) フレットを打った後、研磨していない?
3) ボディの表板と側板の接続を補強する材料を接着する過程が雑。手でちぎっているし。
4) 弦を張る工程では機械を使って弦を巻き上げている。

3)がどうも気になるところで、そこはちゃんとしないと表板と側板の接着が弱くなってしまうんじゃないかな。

インタビュアーは日本人で、工場長はアメリカ人っぽい。インタビュアーが日本語で質問し、工場長が英語で答えるが、その答えが翻訳されていない。だいたい聞き取れるし、聞き取れないところもYoutubeの字幕を見ればわかるんだけれども、インタビューとしては不完全だ。

■YAMAHA(中国)

同じ中国でも、YAMAHAの工場ではまたちょっと違った方法でギターを作っている。

YAMAHAというメーカーは、ほどほどの(低いという意味ではない)品質の楽器を、普及できる価格で提供するということに心血を注いでいるのだが、この動画を見るとその様子がよくわかる。

ざっくり言うと、Epiphonほど自動化されてはいないが、特殊な技術を持った職人というものは存在せず、工程は単純化されて効率化すべきところはどんどん自動化しているようだ。

Epiphonと比べると、

1) フレットは手打ち後に研磨している。
2) 表板と側板の接合部は治具を使って揃えているんじゃなかったかな?
3) 弦を張るのは手作業。

ということだ。私もYAMAHAのギターを一本持っているが、あまり活躍の場を持てないでいる。

■Yairi(岐阜県)

ヤイリ(K.Yairi)は品質に定評のある国産のハンドメイド・ギターメーカである。私も一本持っている


しかしこの動画を見ると、YAMAHAの工場と比べてたいへんに手がかかっていることがわかる。そもそも使用している木材が高級なものである上にいちいち手作業が入るので、価格の上でYAMAHAと競争するのは並大抵のことではないだろう。

例えばネックの加工は手作業で削っている。「ネックの形状は職人の判断に任されている」というナレーション付きである。それでいいのか?

私がYairiのギターを買った時には、楽器屋でさんざんいじり倒した結果選んだので、ネックの形状というのはもちろん私の好みに合っているのだが、こういう作り方/売り方では効率悪いんじゃないのかなぁ? ネックの形状というのはコードをストロークする人としない人(私のように)でずいぶん違うはずなので、どういうネック形状のものをどれだけ製造するかというのはマーケティングを絡めて考えないといけないはずなのだがなぁ。

ヤイリの工場では出来上がって弦を張ったギターを試奏している。これはYAMAHAとかEpiphonでは考えられないことだろうと思う。

■FUJIGEN

富士弦楽器(FUJIGEN)は自身のブランドだけでなく、他社のブランドも請け負うギターメーカーである。私が最もよく使っているHistoryのHEG120NTもFUJIGENが作っていたということだ(このギターは製造終了)。


工場の動画としてはソリッドギターのものしかなくて、ボディを接着して作るという工程を見ることはできないが、ポリシーとしてはYAMAHAとYairiの中間のような感じだろうか。

フレットの加工状況はこの動画ではわからない。

他社の製品を請け負うというのは製造効率がよくないとできないことで、しかも品質を落としてないということを考えると、YAMAHAとしては憎たらしいところだろう。

YairiだったかFUJIGENだったか、工場の見学ツアーがあるらしいのだが、不定期でしかも平日限定らしいので見に行くのはなかなか難しい。行けると楽しいんだがなぁ。

| | コメント (0)

2018年11月19日 (月)

楽器フェア2018で悩む

そろそろ楽器フェアの時期じゃないかなぁ、と思って調べてみたら先月末に終わっていた。

まぁ、何を見逃したとかいう後悔はないのだが、行けば行ったで何かしら面白いことはあるので、そういう意味ではちょっと残念。

たしか3年おきだったはずだが、次は2021年か。

| | コメント (0)

2018年11月11日 (日)

革新的な音楽で悩む

「Weather Report」は1971年にマイルス・デイビスバンドの卒業生たちが結成したユニットだった。その最初のアルバムの一曲目は衝撃的だった。これがその「Milky Way」だ。



まるで抽象画のような、まさに抽象的な音の重なりに聞こえると思うが、使われている楽器はピアノである。ピアノの弦のそばでソプラノサックスを吹き、ピアノの弦の残響音を編集したものだ。途中で一瞬ソプラノサックスの音が入るが、これは意図的なものだったという。

この曲を聴くのは久しぶりだが、初めて聞いたころとは違って冷静に聞くことができて、ピアノが押さえているらしい和音もなんとなく聞き取れる気がするし、編集の時間軸の粗さもなんだか気になったりした。今ならデジタルな編集で時間軸の精度を上げることもできるのだろうな。

で、こういう実験的というか野心的な作品がその後出ていないように思えるのが残念だなぁ、と。

私が知らないだけなのかもしれないが、インダストリアル・ミュージックなんていうのもアルバムを聴いたりしたことがあって、でもそういうんじゃないんだなぁ。

| | コメント (0)

2018年10月31日 (水)

偶然の邂逅に悩む

ひょんなことから月一のペースで行われているセッションに参加することになった。8月からのことだ。

その参加メンバーは若い人が多かったのだが、中におひとりご年配のギタリストがいらっしゃって、親指弾き・オクターブ奏法と、なるほど、WESがお好きなんですね、という感じの方だった。さらにはご持参の楽譜がどうやらBand In A Boxで印刷したものらしい。その点をご指摘すると、「うん、印刷にしか使ってないけどね。」とかおっしゃっていたように思う。お使いのギターは125だったかのフルアコースティックだった。

9月にも参加されていたが、その時には私の骸骨ギターが(例によって)話題になったりしたのだったが他には特に何事もなかった。

で、10月だが異変がおこった。その年配の方が私に「大学どこ?」と聞いてこられたのだ。「は?え?XXですが?」とそこまで答えて気が付いた。なんと大学の大先輩の「T川」さんではないか。「えええ、T川さんですかっ!」昔、蕨市に住んでおられたことを聞いていたので、まさか横浜でお会いするとはっ。

お話してみると、FaceBookで私の出身校が表示されていて、気になったということであって、私のことを覚えておられたのかどうかはさだかでない。今は横浜金沢区にお住まいだそうで、戸塚区在住の私と神奈川区のセッションでお会いするとはっ!

T川さんは学生時代、JazmysさんことA田先輩と一緒にバンドを組んでおられた方で、なんとなく雲の上の存在という意識だった。そんなT川さんと神奈川区のセッションでお会いするとはなぁ。

Tgawa とりあえずFaceBookでお友達申請をしてみたが、まだお返事がないので、セッションの場で撮影した写真はお顔をぼやかして掲載することにする。つまりご本人の許諾なしである。

でもFaceBookに掲載されているセッションの記念撮影では普通に顔出ししているので、bassの佐久間さんのページで見れるかも。

| | コメント (5)

より以前の記事一覧