カテゴリー「家庭電化」の31件の記事

2017年10月 9日 (月)

LED照明で悩む

100円ショップへ行くといろんなLEDライトが売られていて、本当ならば全部買っちゃいたいくらいなんだけど、まぁそうもいかず。

で、そのうちのひとつをある程度長時間点灯しなければならないということになった。単四電池だと10時間くらいは持つんだろうけど、1か月とかいうことになると電池では無理。

なので、用済みになったガラケー用の充電器にワニ口クリップを付けて何とかしてみようということになった。

充電器のコネクタを切り取ってみると、使われている電線がなんだか特殊な感じだ。なんだろうなぁ、ふつうなら被覆をはがすと裸の銅線がでてくるのだが、赤いエナメル線みたいなのが出てきた。この赤いエナメルをはがさないといけないのかなぁ、と思って紙やすりで磨いてみるが赤いものはなかなかはがれてくれない。

ひょっとして、と思って、赤いエナメルがないものと考えてそのままハンダメッキしてみると、そのままハンダが乗るではないか。なんだ融けるのか。

ということで、有り合わせのワニ口クリップ(緑と白)をテキトーにハンダ付けする。熱収縮塩ビチューブを二重にかぶせて絶縁を万全とする。でも外側のチューブがちょっと短かったかな。白がプラスで緑がマイナスになったが、まぁいいや。

Led_light_battery

LEDライトの電池ホルダーの接点は、マイナス側にはバネが付いていてクリップで簡単にはさめるが、プラス側にははさむところがない。なので電極に短い導線をハンダ付けした。

Led_light_ac100 クリップで電極をはさみ、電線を取り出す穴をケースに開けてできあがり。

気になるのは、電池電圧が4.5Vのところへ定格5Vの充電器をつなぐことだが、実際に充電器の出力電圧を測ってみると5.6Vというところで、実際にLEDを点灯させたときの電圧を測ってみると4.86Vで、まぁそんなものだろう。しばらく点灯させていても熱を持つ様子がないので良しとする。

10月14日追記:

良しとしたのだがあんまりよくなかったようで、2日ほどつけっぱなしにしていると照度が落ちてきた。眩しいくらいだったのが、ずいぶんショボくなってしまった。どうもLEDが劣化したらしい。

測定してみると、電池で点灯した時には70mAくらい流れている電流が、充電器で点灯させると120mAくらいになって、これでLEDが劣化するらしい(このときは2LEDなので、LED一本には60mAほど流れたことになる)。

なので、もう100円奮発して新しいLEDライトを購入し、今度は充電器との接続に3Ω3Wの抵抗を直列にいれることにした。これで0.3Vくらい電圧が下がることが期待できる。で、今は耐久テスト中。

テスト中のLEDライトで電圧を測ってみると、充電器出口で4.8V、LEDのところで4.1V。3Ωの抵抗で0.7Vの電圧降下だから230mAも流れていることになる。大丈夫かなぁ。この場合は4LEDなのでやはりLED一本あたり60mA弱流れていることになる。

おそらく2LEDの時にはもっと流れていて、劣化した結果一本あたり60mAということになったんじゃないかな。4LEDのほうは劣化する様子もなく機嫌よく光っている。

LEDは内部の温度が230度くらいになると劣化するんだそうで、どうもそっち方面でやっちまったらしい。

| | コメント (0)

2017年9月17日 (日)

完全無線イヤフォンを買って悩む

完全無線イヤフォンってことは、つまり左右のイヤフォンさえもケーブルでつながっていないということだ。そういうものがあるということを聞いたときにまず思ったのは「これはきっと失くすだろうな」ということだった。

とか言いつつ悩んだ末に安いのを買ってしまったお話をここにご紹介する次第。

まず、買ったのはこれです。TAROMEというメーカーのX2Tという製品。3000円くらい。なんでも韓国で設計して中国で作っているということらしい。これは発注した後で知った。

これがケース兼用の充電器で、2000mAhのリチウムバッテリーを内蔵している。写真を撮っているときには充電中なので、挿入しているイヤフォンのLEDが赤く点灯している。充電器の青いLEDが4つのうちの3つが点灯しているのは、充電用電池の消耗具合を表しているのだろう。

X2t_body

この製品はこういう形で持ち歩くことを想定しているのだろ思うが、いつも充電していなくてもイヤフォンを一回充電すれば数時間は持つので、こんな充電器は持ち歩きたくない。本体の電池だけだと使えるのはまぁ3時間くらいかな。

2000mAhという容量ではちょっと不安があるが、スマホの充電もできるようにしてくれれば持ち歩いてもいいんだが。

X2t_asynmetryで、こちらがイヤフォン本体なのだが、よく見ていただきたい、左右のイヤフォンの形が同じなのだ。ここは鏡面対象になっていてほしいところなのだが、どうも外見だけでなく中身も左右で同じになっているようなフシがある。MACアドレスとカは違っているかもしれないが、なにしろ左右を示すマークがないのだ。

いったいどうやって左右が決まるのか、仮のマークをつけて探っているのだが、いまだにわからない。左右をはっきりさせるにはJim HallとPaul Desmondのアルバムを聴けばわかるのだが、音源を用意したのにまだ確認できていない。この件はまた後で触れる。

で、このイヤフォン本体にはスイッチが一つしかない。音量調整の機能もない。
そのスイッチを2秒の長押しして片方の電源を入れると片方だけ電源が入る。まぁそりゃそうだろうなぁ。先に電源の入った方が右とかあるんだろうか? もう一方も長押ししてやっと両方の電源がはいるわけだ。すると、なんだかざらついた声で「Power On」という声が耳に響くのだ。で、音楽を聴きながら片方のスイッチを長押しすると両方のイヤフォンから「Power Off」というざらざら声がして電源が切れる。

こんな声だ。

で、今日はなんだかスマホにもPCにもうまくつながらない(だからいまだに左右の確認ができない)。これはスマホとかPCもなにか怪しい動きをしているのかもしれない。

なにしろ、PCWindows10は設定画面が何だか怪しくて、時々うそをつく。

これがWindows10のBluetooth設定画面なのだが、Win10の設定画面で「X2T」を接続しようとしても接続できなかったりするし、時にはこの「Bluetooth ON」の表示がなくなったりして、しかも「Bluetoothが無効です。有効にしてください。」なんてことを言われたりもする。どうもWindows10は信用できない。

Win10bluetooth

とか、ポケットに入れているスマホと接続されていて音楽を聴いている状態で音がぶちブチ切れたりする。

てな感じなので、またやっぱり安物買いしてしまったかな、という感じではある。


翌日追記:

PCにSONYのBluetoothヘッドセットを接続してみると、こういう表示になる。
Win10setupbt
だからX2Tは何か省略しているんじゃないのかなぁ。

ちなみに、X2Tの左右だが、いろいろやってみたが一定してなくて、左右が時々変わってしまうようだ。

また、ブチブチと切れる件だが、これはどうも片方のX2Tの電波感度が悪いらしい。家の中と外では違うのだが、家の中では2mほど離れても大丈夫なのだが、屋外だとよその電波を拾うのか、スマホを50cm以内に持って行かないと安定しなかった。スマホをズボンのポケットに入れていると時々切れるが、スマホを胸ポケットに入れておくと安定するっていう感じ。

ケース兼用充電器の充電用接点で電圧を測ってみると2.3Vだった。本体側の電池はリチウムじゃなくておそらくニッケル水素なんだろうな。

 

| | コメント (0)

2017年8月27日 (日)

完全無線イヤフォンで悩む

先月のことだが、有楽町のビッグカメラでこういう製品を見つけた。ERATO APOLLO7という。キャンペーンというのか、説明員がついて客前でデモなどしていたのだった。

話を聞いてみると、つまりこのケースみたいなのが実はバッテリーで、このケースに入れている間にイヤフォンを充電できる。ケースはケースでまた別途充電する。

Bluetoothで接続されるのは左のイヤフォンで、そこからまた別の電波で右側のイヤフォンへ接続しているのだという。なるほど。

で、左側のイヤフォンにはマイクが装着されているので、左のイヤフォンだけで電話の通話ができる。

実際にイヤフォンを装着してみたが、カナル型なので耳の内側にピッタリと密着する。これでノイズキャンセラが付いていると効果が高くて逆に問題になることもあるだろう。
Eratoapollo7

実際に音を聞くところまではいかなかったのだが、パンフレットだけはもらってきた。その時には値段を聞かなかったが、調べてみると3万円前後から4万円というところらしい。ちょっと手が出ないなぁ。それにひも付きでないというのがメリットなのだが、逆にそれが心配でもある。なくすのが心配だ。

今はSONYのBluetoothイヤフォンを使っている。調べてみるともう5年になるんだなぁ。電池が15時間持つという仕様だが、なんだかそれが半分くらいになっている感じがある。それでもいっこうにかまわないのだが、たしかにケーブルはしばしばうっとおしい。そろそろ次のを考える潮時かもしれない。

Appleの完全無線イヤフォンというのがあることは春ごろに知ったのだったかな。その時も第一印象としては「片っぽなくしたら真っ青だ」ということだった。はっきり言ってモノをなくすのは得意だ。実際bluetoothイヤフォンを片方なくしたことがあるし。

ということで、完全無線イヤフォンも魅力的ではあるが、まだ踏み切れないかなぁ、と。で、その主な原因は価格と失くしやすそう、ということなのだ。

アマゾンでERATO APOLLO7の価格を調べていたら、同じような完全無線のイヤフォンで妙に安いものを見つけた。TAROMEのX2Tという製品で、アマゾンで3000円台で買える。なんでこんなに安いのだろう? 同じ製品をYahoo!ショッピングで調べると3999円だ。


X2tsl400

アマゾンではもう一つ気になる低価格完全無線いやフォンがあって、LAMAYAという会社なのか製品名なのかわからないが、とにかく3100円。小さくていい感じだが、電池容量がX2Tの半分くらい。
Lamaya
で、まぁ、いろいろ気の迷いなどもあってX2Tをポチしてしまった。到着までにはちょっとかかるのかも。

| | コメント (0)

2016年11月13日 (日)

T-fal壊れて悩む

T-falと書いて「ティファール」と読む。これを「ティーファル」と呼んで恥をかいたことがある。なんでだ?フランスのメーカーだから?

このティファールが壊れた。ケトルタイプのものだが電源が入らなくなったのだ。短い間隔で何度か連続して使ったのがいけなかったのか、それとも寿命なのか。でもまだ6年くらいで、私の感覚では老朽というほどではない(その感覚がもう老朽なのかも…)。

台のほうの電源部分を調べてみるとちゃんと通電されているので、壊れているのは本体のほうだ。分解して調べてみようと思ったが、底にある4つの穴は案に外してネジではなかった。電子部品の冷却用の空気孔らしい。じゃぁどうやって分解するんだろうか?

WEBを探してみると、やはり同じようなことで苦労している人はいるものでこういうページを見つけた。このページを参考に分解してみることにする。

Tfal1ネジはフタの付け根のところの2本しかないので、まずこれを外さないことにはどうにもならない。そのためにはフタの裏側の出っ張りを外さないといけない。

これは写真の矢印のところに嵌合部があるので、フタの付け根のあたりから細いドライバでこじって力ずくで開く。

注意しないといけないのは、フタの裏側を開くと中のバネが飛び出してしまうことで、これを避けるためには開くときにタオルをかけるとかする必要がある。

このバネは組み上げるときにも問題になる。直径8mmくらいの木の丸棒があれば楽かもしれない。私はドライバーの先でやったので、実は今もきちんとはまっていない。

このフタを外すと、ネジが外せるようになる。参考にしたサイトではネジの頭がヘキサゴン(「*」←こういうやつ)になっているということだったが、ウチのは普通のプラスネジだった。

ただ、ネジの上にフタの一部がかぶさっているので、ドライバーをネジに垂直に当てることができない。フタの材質が柔らかいので、だましだまし回すのだが、ネジがフタに当たって回せなくなる。

Tfal2 この写真はペンチでネジを抜こうとしているのではなくて、先曲がりペンチでネジを少しずつ(10度くらい)回しているのだ。

これが実際一番苦労したところ。



Tfal3 ネジが外れると、取っ手を外すことができるようになる。参考サイトにも書いてあるように、本体を机にしっかり固定しておいて取っ手を持ち上げつつ引くとこんなふうに外れる。
Tfal4 外れた取っ手を倒していくと、そのまま取り外すことができる。

参考サイトでは取っ手の中を通っているシリコン系樹脂のバーが壊れていたのだが、あいにくウチのその部分は問題がなかった。

原因追求と修理のためにはさらに分解しないといけないが、そのためには本体のスカート部分をこじ開けてはぎ取らないといけない。これはなかなか面倒だ。

Tfal5

仕方がないので、分解するのはここまでとした。つまり残念ながら原因不明・修理不能だ。

悔し涙を拭きながら再度組み上げて、参考サイトで触れられていた底部のスイッチを何度か動作させて復活を試みる。

すると、どういうわけだか電源が入るようになった。何度か試してみたが今のところ失敗していない。じゃぁ電源が入らなかったのは何だったんだ?

原因がわかれば(修理不能であっても)すっきりするのだが、う~ん、しかしあれ以上分解するのは私にはちょっと無理だな。

ただ、いつ再発するかわからないので、もう一台買うことにした。

というわけで、T-falを分解する方法が分かっただけ、というお話でした。

11月26日追記:


「修理」してから2週間になるが、この電気ポットはまるで何事もなかったかのように動作している。何だったんだ? 本体底面に持ち上げ検知のスイッチ(なんでそんなものが必要なんだろう?:温度ヒューズのリセットスイッチなのか?)があって、それをいじったり叩いたりしているうちに治ってしまったらしい。

学生時代に研究室にあった高価な測定器が不調になってメーカーに相談の電話をしたら「叩いてみてください」「え!?」「機器の側面を叩いてみてください。平手で。拳固はだめですよ。」「はぁ…」「…」「治りました!!」というふうなことがあった。こういう技は今でも有効なんだろうか?

| | コメント (3)

2016年9月25日 (日)

スイッチボックスで悩む

オーディオっていうほどのものじゃないんだが、ミニコンポを買ってもう5年目になるんだなぁ。

音楽を聞くためというよりは、朝の目覚まし代わりとして使っているのだが、購入してすぐに気が付いた通り、タイマ設定に曜日がないことと、音量調整つまみがデジタルなために、「明日は休みだから目覚ましが鳴らないようにしとこう」という設定をすることがめんどくさい。つまりいったん電源を入れないと音量をゼロまで絞ることができないのだ。

その解決方法として、「ヘッドフォンジャックにプラグを突っ込む」ということを編み出した。iPod用のイヤホンの壊れたのがあったので、そのプラグ部分だけを切り取って転がしておき、目覚ましを鳴らしたくないときはこれを突っ込んでおくというわけだ。これを「音無しジャック」と呼ぶ。もちろんケーブルはショートしないように養生してある。

4年ほどこれを使ってきたのだが、最近ときどき不具合が出るようになってきた。目覚ましが鳴るべき時に鳴らないことがあったのだ。ヘッドフォンジャックの部分にはスピーカーへの接続を切るような仕掛けがあるのだが、この部分が接触不良になるらしい。

とりあえずは音無しジャックを何度か抜き差ししてその場を切り抜けたが、ここまま使い続けるのはまずいかなぁ、と思い始めたのだった。

なので、コンポからスピーカーへ繋げている線をスイッチで切ってやろうと思った。

そうしたら、こうなった。ピンぼけご容赦。

Switch3

Switch1 製作過程もいろいろ写真撮ったけど、あんまり興味ないだろうから要所だけ。

手持ちのケースに入れようと思ったので、こうやって穴開けてスイッチと接続端子を取り付ける。

コンポのほうにつなぐのは、ケーブルで直接つなぐことにして、端子を節約っていうか、もう狭いところに穴を開けるのが嫌だったというのが本音。

それよりもこの端子が曲者で、アマゾンで買おうとすると、一対で5000円もするものがある。どんな高級品だよ?

一方、通販をいろいろ探すと5対で送料込み195円というのがあったので迷わずそれを購入したのだが、到着したものを調べてみると、ケーブルの食いつきシロが小さい。1,5mmくらいしかない。それ以上ネジを緩めると外れてしまうのだ。

まぁそれは、「安いから」ということで我慢することにした。何とかなるもんだし。

Switch2しかし、ハンダ付けする段になって異常に時間がかかってしまった。その理由は「暑かった」から。

暑くてハンダごてを握る気にならなかったのだった。やっと今週になってハンダ付けして、ケーブルが抜けないようにビニタイで固定して、さきほど取り付けたところだ。ケーブル保護のためにゴムブッシュを入れたかったが手元にないので諦めた。

コンポのほうのヘッドフォンジャックには当分触らないようにするので、たぶん大丈夫だろう。

| | コメント (2)

2016年9月11日 (日)

天井灯で悩む

マンションの管理組合役員をやっているので、マンションの問題とかにも首を突っ込まざるを得ない場合があるわけですよ。で、今ちょっと困っているのがマンションのエントランスの天井灯。

ひかえめなシャンデリアみたいになっているのだが、メインの電球を支えているソケットが特殊で、電球の補充ができないのだ。なにしろ28年前の物件なので。

こんなソケットなんだけど。
Lightsocket15
こんなの、Googleの画像検索ですぐに見つかるんじゃないかと思ったが、Googleはこれを単に「リム」つまり中に何か入れる「わっか」くらいの認識で検索するので、実のある結果は得られない。中のソケット部分だけを取り出して画像検索したりもするのだが、これもいい結果が得られない。

Lightsocket16

画像とキーワード(ceiling light socket)で検索しても目指すものは得られない。

まだ残っている電球があるので、その電球をよく調べればいいと思うのだが、勝手に外すのもまずいので、管理人さんに頼むかな?でもその電球が入手不可能だと管理会社から聞いているので、その線もダメなんだろうと思う。

 

| | コメント (0)

2015年4月23日 (木)

電波時計で悩む

「サマータイム制導入」なんてことが時々話題になるのだが、私はこれに大反対だ。

ちょっと考えてみて欲しいのだが、あなたは時計をいくつ管理しているだろうか? 腕時計、掛け時計、目覚まし時計はもちろん、ケータイ、スマホ、タブレット、PCにも管理すべき時計があるし、炊飯器やビデオデッキや家電話、画像付きインタホンにも時計が内蔵されている。そういえば車にも時計があるよね。

ちょっと考えただけでも10台以上の時計があるはずだ。それらを年に2回合わせ直すなんて、使用人とかに命令すればいいご身分のひとにしか受け入れられないと思う。

それだけじゃなくて、サマータイム制になると「明日15時ね」と言った時に、サマータイムをきっちり守っているひとと曖昧に考えているひととの間で齟齬が出てしまう。「時間に正確」という日本人の美徳が崩れ去っていく様子が容易に想像できてしまう。

さらに腹が立つのが「サマータイム対応の時計や各種機器に買い換え需要が見込める」とかいう馬鹿なことをいう政治家なんかがいて、「それはいい!これで我が社も売上倍増」と同調する大馬鹿ものがいたりするのも腹立たしい。日本中のテレビを買い換えさせても景気回復には一時的な効果しかなかったじゃないか。

たしかに、すべての時計が自律的に時間合わせをやってくれれば、こういう問題はなくなるのだが、そうするとローテクな腕時計とか自作時計とかは時代に取り残されることになってしまう。

というわけで、関係ないわけではないけれども無駄に長い前置きのあとでご紹介するのがウチの電波時計達。おい、お前らちょっとそこへ並べ。歯を食いしばれ!という感じで撮ったのがこの写真だ。

Radioclock

ご覧のとおり電波時計でめちゃくちゃ正確なはずなのに2台の時計の示す時間が違っている。どちらが正解なのかというと、どちらも不正解で、ともに数分進んでしまっている。電波状況が悪いのかと思って、屋外で調整してみたが改善されない。

電波時計で厄介なのは、時刻合わせをする仕組みを持っていないことだ。

この2台は電波をつかんでそれにぴったり合わせたという実績がないので、こうやって曲がりなりにもまぁまぁの時刻を指しているのには私がそれなりの努力をした結果である。つまり午前0時に電源を入れるというふうなことだったと思う。日付をどうやってあわせたのかはまったく記憶に無い。次の電池交換のタイミングでなんらかの決断をすることになるかもしれない。

もう一台電波時計があるのだが、以前にも書いたとおりこいつはどうも怠惰で信用出来なくて使っていない。使っていないのだから捨ててもいいんだが、「バカな子ほどカワイイの法則」によって捨てられなくている。

というわけなので、私は未だに電波時計というものを信用できないでいるのだ。サマータイム制反対!

| | コメント (2)

2015年3月28日 (土)

いまどきの電球に悩む

Ceilinglight_2 天井灯っていうのかな。こういう小さなランプが天井に5つほど付いているわけだが、これがまさに電球であって、よく切れるのだ。

だいたい毎年どれかが切れて交換していて、そのための買い置きもあるのだが、これはめんどうくさい。なんとかLEDにしたいのだが、なかなかこのサイズはなくて、あってもこういう角度で取り付けができなかったりするのでLED化に悩んでいたわけなのだった。
E12 そんな時に見つけ付けたのがこのLED.。500円くらいだったかな。

しかし、これが実は失敗で、「E12」と書いてあるのだが、これがつまりソケット径12mmということで、測っていなかった私が馬鹿なのだが、天井灯はE17だったのだ。

E12とE17をつなぐような「下駄」のような製品もあるにはあるのだが、下駄を履かせてしまうと天井灯のスペースには入らなくなってしまう。

しまったなぁ、これは勉強代ということにするかなぁ? と考えていたところでいいものを見つけた。
E12e17 これは秋葉原のLEDショップで見つけたE17電極。10個入って200円。うん、これなら使えるかもしれない。

つまりこういうことだな。

Designing

だからこれは工作が必要で、まだ完成していないのだが、こうやって「やるよ」と書いておかないと、延々と順延されそうな気配があるので、自分を勇気づけるために投稿しておくのだ。   

翌日追記:
>上から被せてチャッチャっとハンダすればよさげ。

という匿名のコメントをいただいた。まぁそのとおりなんだけど、少なくとも若干の配線作業は必要なので。
Naked なのでとりあえずLED側に電極を延長するための線をハンダ付け。

先端の方の電極には当初0.3mmくらいの銅線(単線)をハンダ付けしてやれば大体の位置に固定もできるとも思ったのだが、電球をレセプタクルへねじ込むときにこの銅線にトルクがかかるというのがあんまり気持ちよくない。

だから、ここは撚り線を剥いたもので配線して、LEDの位置固定はエポキシパテを詰め込むことによって行うということにする。
Covered で、こんなふうになって、今は突端電極のハンダ付けも終えてエポキシの硬化待ちなんだが、これの硬化時間ってどのくらいだったんだろうか?

Cielingled で、数時間後に取り付けたらこんな感じだが、40Wの電球に比べると暗いな。0.5WLEDだと20W電球くらいと等価なのかな。

| | コメント (2)

2014年10月 1日 (水)

シェーバーの充電で悩む

スイッチの具合が悪くなった電気カミソリの話を書いたのは3月だった。

そのまま騙し騙し使っていたのだが、4月末には甥っ子の結婚式があって、その時にはどうしても髭剃りがきちんと動いてもらわないと困る、ということがあったので、仕方なく新しい電気カミソリを買うことにした。

Shaver1404これがそれなんだが、う~むピンぼけ。まぁいいか。

最近の電気カミソリはみんなカッコよくなっちゃって、なんていうんですか?人間工学的なエルゴノミック?デザイン? あの妙にくねくねしているやつ。

ああいうのは嫌いだから買わない。だいたい、ああいうのは洗面所でスタンドがないと自立できない。私としてはこれだけでもう受け入れがたい。

そういうのはたいていスタンドが充電台共用になっているので、狭い洗面所に電源ケーブルが這いまわることになる。そんな洗面所は嫌だ。

ということをほざいていると、選べる対象が極端に少なくなってくる。結局日立製のちょっと古いモデルしかなくなってくるわけだ。

日立製のこういう髭剃りは以前にも買ったことがあって、なかなかいい働きをしてくれた。どうして使わなくなったのだったか覚えていないが、「防水じゃありません」とマニュアルに書いてあるのを知りながら、石鹸剃りをしていた。それでも特に不調にはならなかったんだから、よく出来ているんだと思う。

日立のこのタイプは底の部分に100Vのコンセントに直接突っ込むプラグがあって、おそらく「防水じゃありませんよ~」というのはその部分のことだろうと理解している。

実際、、水にじゃぶじゃぶ浸けて使うわけじゃないし、水に触れるのは刃先だけだから、問題にならないのだと思う。

で、だ。ちょっと古いモデルであることもあって、この装置は電池がニッケル水素だ。最近のはリチウムだったりするんだろうけど。

ニッケル水素でなにがいけないかというと、充電の記憶現象というのがあって、ニッケル水素電池は継ぎ足し充電をしてはいけないということになっている。充電が70%残っている時にフル充電しても、100%使うことは出来ずに70%までの30%分しか使えないというのだ。つまり70%から再充電を開始したということを電池が記憶しているというわけ。

そんなことがあるので、リチウムイオン電池が普及するまでのノートパソコンにはこのニッケル水素電池のために「完全放電してから充電しないと、電池での利用時間が伸びない」という悩みがあったわけだ。

なので、今回はこの電気カミソリも「買って帰ってすぐ充電」なんてもってのほか。一旦完全放電に近いところまで使い切ってから充電しよう、と心に決めたのだった。

ところで、私は髭が濃いわけではないので、朝の髭剃りに電気カミソリを使う時間はせいぜい30秒である長くても1分を超えることはまず無い。こういう使い方で工場出荷のままの電気カミソリがどれくらい使えるのか、という興味もあった。

というわけで、4月26から使い始めたこの電気カミソリは、9月30日になってもまだ動いていた。だいぶよれよれにはなっていたけれどもね。音を聞いてもらうとこんな感じだ。



一晩充電するとこんな音になる。



スペクトルを取るとモーターの大体の回転数がわかる。

充電前:

Shaver1_2

92Hz、ということは5520rpmというところ。

充電後:
Shaver
124Hzで7440rpm。くしくもちょうど4度の音程になっている。

ほぼ無負荷の場合、モーターの回転数はほぼ印加電圧に比例するので、この髭剃りの場合、例えば充電直後が1.24V、充電前が0.94Vだったりするのかもしれない。だとすると、もうあと2週間くらいは使えたかも。

| | コメント (5)

2014年6月21日 (土)

インターネットラジオで悩む

朝のラジオで悩んでいることはすでに書いたから、その話の続きとして追記してもいいのだが、本来の目的を忘れて迷走しそうな気配もあるし、写真をたくさん貼り付けそうなので、新しく投稿することにする。

もともとの話は朝のラジオとしてJ-WAVEを聞くにはノイズが多くて何とかしたい、ということだった。

スマホは必要以上に持っているので、それを活用してスマホ内でRadikoのアプリを利用してJ-WAVEを受信し、それをアンプへ流し込めばよい。スマホでRadikoをテストしてみたら受信できることがわかったので、あとは電源とアンプへのつなぎこみだ。

あ、その前にちょっとした問題があって、Radikoは受信する地域を特定する必要があって、そのためにGPSをONにする必要がある。これは最初にRadikoを起動したときに「会員登録するか?それともGPSで地域検索するか?」というのに「GPS!」と答えてしまったためにそうなってしまったのだった。GPSは電池を食うのでここは会員登録にしておけばよかったのだが、なぜか今となってはもう変えられないみたいだ。再インストールするのも面倒なのでこのままいくことにする。

次の問題は電源である。アンプにはUSB端子がついているから、ここから給電すればいいのだが、調べてみるとこのアンプは自分の電源が生きている間しかUSBに給電しないようだ。PCなんかだと、自分の電源を切っていてもUSBには給電していたりするものなのだが。

まぁ、PCとちがって「家電」だからそんなものなのだろう。

で、朝の目覚ましとして、今は1時間だけアンプをONにしているので、それだけの給電でスマホが定常的に動作できるだろうか? ということを検証しないといけない。なにしろ、アンプは朝の一時間だけ動作すればいいが、スマホは一日中Radikoを起動して垂れ流しにおくつもりだから。

Battmix
インターネットラジオを垂れ流しにして電池の消費を測定してみたのがこのグラフだ。

6月14日の12時ごろからインターネットラジオを聴き始めて、最初は私の好きなSKY.FMを聴いていたのだが、これじゃ実験にならないなと思って18:00のちょっと前からRadikoに切り替えた。すると明らかに消費電力が変わっていて、どうやらRadikoのほうが電力消費量が低そうだ。

でも、これじゃ一日保たないんだな。18:00から24時までの6時間で電池の40%ほどを消費しているから、朝の一時間でもしも満タンに充電できるとしてもRadiko垂れ流しでは10数時間で電池が切れるので、明朝に充電再開となってもRadikoは起動されないから目覚ましラジオは鳴らず、寝過ごすことになってしまう。

だから、スマホには専用の電源を確保して、常時通電しておかないといけない。これってちょっとストレスだな。

Skyfm で、ここでちょっと脱線してSKY.FMの話をすると、これはもうずいぶん前からひいきにしているネットラジオ局で、当初は96Kbpsのmp3で放送していたのが今では64Kbpsになっているが、それでもやはり私のお気に入りなのだ。

メールアドレスを登録しているので、「プレミアム会員になってくださいよぉ、月にたったの5ドルですよぉ、音質がよくなるし、コマーシャル(局名のアナウンス)がなくなりますよぉ。」というメールが時々来るが無視している。そういえば最近では6ドルになったかな?

でも、いつもお世話になっていて申し訳ないので、機会あるごとに知り合いには薦めることにしている。

まぁ、私の知り合いがプレミアム会員になる確率も低いとは思うのだが、ジャンルわけが結構細かくて、聞き流すのにはいいですよ。実際、今日もBLOGを書きながらずっと流し続けているくらいで。

もうひとつの問題はアンプへの接続だ。アンプの入力端子としてはAUXが2系統あって、片方はTVの音をステレオで聴くため(映画鑑賞用)に接続してあり、もうひとつはカセットプレーヤー・レコーダーにつながってる。カセットを使うことなんて今はほとんどないのだが、もしも何かあったときにつなぎなおすのは面倒だ。なんとかならないか?

Mittersmartphone_2 その回答がこれだ。「ステレオFMトランスミッタ」である。いつ、何のために買ったのだったかまったく思い出せないが、こういう目的にはうってつけじゃないか。

トランスミッタには3.5mmのステレオプラグがついているので、スマホにそのままつなぐことができる。

実験してみると、う~ん、周波数の安定性がいまひとつなのだなぁ。トランスミッタを手で握って発信周波数を調整し、手を離すと周波数が変わってしまってまたやり直し、みたいな…。

Mitterpanel だいたい、周波数の設定をダイヤルで行うのがそもそもなんだかなぁ、って感じ。設計が古い…のだろうなぁ。いっそ周波数固定ならそれはそれで割り切れるのだが、いまさら買いに走る気はないし。

さらに問題なのがこのトランスミッタの電源だ。単四電池2本で動作することはわかっていたが、回路を調べてみると、接地電位に対して電池は-3Vを供給しているのだ。これが+3Vなら、なんとかスマホ用の電源から取り出すこともできなくはないのだが、マイナスとなるとそれ専用にまた電源を用意しないといけない。これは困ったなぁ。使える電源はなくもないのだが、待機電力のこともストレスになるし。

7月13日追記:

FMトランスミッターでなにかいいのはないかなぁ、と探していたのだが、最近ではBlueToothで受信した音楽をFMで飛ばすのが流行っていたりするらしい。それも確かに面白いのだが、家庭内で無線LAN⇒スマホ⇒Bluetooth⇒FMトランスミッタ⇒FMラジオという周りくどいことをするのは、話としては面白いのだが、実際にやるとなるとそれだけトラブルのネタを抱えることになるのでやりたくない。

するとこんなのを見つけた。秋月電子のFMトランスミッタキットである。
Akiduki
こういうキットが1000円で売られている。これはいいかもしれないと思って部品表などを見てみると、水晶発振子があったりして、おお、高周波を推奨で作っているのかな?とざわざわしたのだが、よく読んでみるとこれはFMステレオwのスイッチング用に使う38KHzの水晶であった。

高周波の発振周波数は手作りらしくコイルとコンデンサで決めるというもので、これでは周波数の安定性において先に写真を挙げたものときっと変わりがないだろう。

さらに探してみると、アマゾンで周波数が半固定のものが800円くらいで売られているのを発見。半固定というのは4つの周波数の中から選べるというものだ。周波数としては87.5MHz、90.0MHz、100.0MHz、108MHzということで、うちのFMチューナーでは78.5MHzしか受けられないが、この周波数帯は開いていることを確認できた。ので、発注してしまった。

Usbmitter6というわけで、このFMトランスミッタがすでにここにある。ご覧のようにUSBと3.5mmのステレオプラグだけという簡単な作りである。

よく見ると、USBコネクタの表面にポッチがあるいのが見えると思う。これを押すことによって、4つの発信周波数を切り替えることができるよういなっているというわけだ。

早速実験してみたところ、78.5MHzでの発信・受信は良好だし、電源を一旦切ってもその周波数をちゃんと覚えているから、多少の電源トラブルがあっても運用に支障はなさそうだ。

というわkで、今はAC100VからUSBに5Vを供給できるポートを2つ持っている電源がないかな?と探し中。

| | コメント (2)